【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑧ 藤の亀戸天神

(江東区 亀戸天神社)

 亀戸天神社の藤は4月下旬から一斉に咲き始める。周りは、スカイツリーや高いビルに囲まれてしまったが、ここだけは別世界。頭の上から垂れ下がる紫の藤の花が、赤の太鼓橋とともに青い心字池に映えるさまは、広重の「江戸百景」の景色そのままだ。境内には100以上の露店が出て、江戸情緒を味わう人で賑わう。特に、満開のゴールデンウィークのころは歩くのも容易でないほどだ。

 澄み切った青空、太鼓橋の赤、あでやかな藤の色、どんなに混んでもこの時期ならではのもの。帰りは、レトロな香取勝運商店街から亀戸大根の碑のある香取神社にも寄ってみよう。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年4月19日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る