中野区長に酒井氏当選/区議補選 広川氏及ばず〈2022年5月29日号〉

 中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、立憲民主党、生活者ネット、都民ファーストなどが応援=が当選しました。

 酒井氏は子どもや困った人にやさしいまちづくりを公約。相手候補による区民を分断する反共デマ攻撃を打ち破り、大勝しました。

 同日の区議補選(改選数1、立候補6人)では、日本共産党の広川まさのり候補は1万2901票(得票率14.50%)を得ましたが、及びませんでした。

〈2022年5月29日号より〉

関連記事

最近の記事

  1. ① イチョウの一部で枯れ 神宮外苑 日本イコモスが調査 再開発で危機深まる ② 英スピテスト…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 「安心して飲める水に」PFAS汚染 多摩で自主的血液検査 …
  3. 質問内容を紹介するミニ動画より  11月27日、東京都は都内の公立中学校3年生、8万人を対象…
  4.  「料金を滞納して電気やガスが止まった家庭でも、水道はギリギリまで止めない」―以前、複数の都の職員…
  5.  「聞こえの支援は人権問題」との考えから、主に高齢者を対象に補聴器購入への補助制度が広がっています…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る