【書評】ラクになる心の休ませかた 『もっと、自分をいたわっていい』 香山リカ 著

 新型コロナの感染の長期化と拡大の影響で、うつ病・うつ状態の人が急増しています。パンデミック以前の2倍以上に増加しているといいます。

 パンデミックにより、生活がガラリと変わった人は多くいます。雇用契約の解消等で収入が激減した人、リモートワークで自宅にこもり、同僚や友人と交流できなくなった人等、ストレスの増加した人は数えきれません。新型コロナだけではありません。新自由主義的な企業経営の「効率化」一辺倒のため変調を来す人も後を絶ちません。

新日本出版社 2021年 1500円+税 かやま・りか 1960年札幌市生まれ。東京医科大学卒業。精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授

 こうした中で、一般の人がうつ病や気分障害に対処するためのガイドブックとして、普段から診療にあたっている精神科医が、良いタイミングで、しかも分かりやすく説明した良書です。

 うつ病は、生真面目な人が過大な課題や多くのストレスに押しつぶされて心身の不調をきたすことにより発症することが多くあります。生真面目なだけに「もっと頑張らねば、もっとしっかりせねば」と頑張りすぎて疲労困憊し、心だけでなく身体的にも変調を来すことになってしまいます。

 著者は「もっと自分をいたわっていい」と「自分をラクにする心の休ませかた」を具体的に指南しています。「自分にもっとやさしくしよう」と、とかく自分にきびしくなりがちな人たちに、もっと肩の力を抜いて生活していいんだよ、とアドバイスしています。

 多くの事例が紹介されているのも特徴です。とかくガイドブックは「こうあるべき」という理論や考え方に偏りがちですが、しんどい時は「『もうイヤ!』って大声だしていいんですよ」とアドバイスも具体的です。家事や仕事をペースダウンするときも「人生の有給休暇」と考えてコロナ禍で計画が狂ったこの2年間はなかったものと思うことも必要との割り切りを提案しています。

 悲嘆の中にある人に「わかったふりの同情や押しつけがましい言葉」も本人を傷つけるかもしれません。場合によってはそっとしておいてあげるのも大切だというアドバイスには、考えさせられました。

(松原定雄・ライター)

(東京民報2022年3月20日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る