神宮外苑再開発 「誰もが参加できる場を」抗議の中、事業者が説明会〈2023年7月30日号〉

説明会の会場前で抗議する人たち=19日、新宿区

 3000本もの樹木を伐採して進める神宮外苑の再開発(新宿、港区、約28万平方メートル)問題で、住民説明会が17~19日の3日間、開かれました。住民らが強く望んでいたものです。しかし、対象が限られた上に報道陣の取材も認めず、住民から「誰もが参加できる説明会の開催を」との抗議の声が上がるなかでの開催となりました。

 再開発事業者は三井不動産、明治神宮、独立行政法人・日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事の4者。神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所を交換して建て替え、超高層ビル2棟を建設。樹齢100年を含む多数の樹木の伐採・移植が計画されています。

 これに対し、「一部企業の利益が優先され、都民の声が無視されている」「神宮外苑のシンボルであるイチョウが枯れる恐れがある。歴史的な景観も失われる」「SDGs(持続可能な開発目標)に逆行している」「伝統ある神宮球場、秩父宮ラグビー場を守ってほしい」などの声が都民、専門家など幅広い人たちからあがっています。計画の中止・見直しを求めるネット署名の賛同者は主な4つを合わせると約31万人にものぼります。

 また、日本イコモス国内委員会は事業者提出の環境影響評価書に虚偽・誤りが多数あるとの厳しい指摘をしています。

 こうした批判を受け、事業者は住民説明会を開催したものの、参加対象を敷地境界から約380メートル以内の住民・事業者1万3000世帯・法人に限定しました。

 事業者側の発表によると、3日間で計381人が参加し、41人から86件の質問・意見が出されたとしています。内容は「なぜ樹木を伐採してまでスポーツ施設の建て替えをするのか」「4列のイチョウ並木はどのように保全するのか」などがあったとしています。

 説明会3日目(19日)の会場となった四谷区民ホール(新宿区)前では、「神宮外苑は歴史的遺産 樹木を切らないで」と書かれた横断幕を掲げた人たちが抗議の声をあげました。

 最近まで新宿区に住んでいた50代の女性は「毎日のように子どもを連れて新宿御苑で散歩していました。樹木1本1本がかけがえのないもので、開発のために1本も切ってほしくありません。こんな大事なことを都民に知らせずにこっそり進めておいて、もう決まったことだからと強引に進めるなんて信じられない。都民の声を聞いて計画を見直してほしい」と憤りました。

 新宿区民からは「新宿区は神宮外苑に接しているのに、ほとんどの区民は説明会の対象になっていない。だれもが参加できる説明会を開いてほしい」と訴えました。

 事業者側は説明会での質疑内容は、7月中を目途にプロジェクトサイトで公開するとしています。

東京民報2023年7月30日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る