PFAS泡消火剤 3千リットル超が横田で漏出 防衛省が自治体に説明〈2023年7月30日号〉

 防衛省は21日、横田基地周辺自治体への情報提供で、横田基地で2010年~12年にかけて起きた3件の有機フッ素化合物(PFAS)が入った泡消火剤の漏出事故の概要を説明しました。

 防衛省は、2018年12月に漏出についての報道があったのを受け、米側から19年1月に報告書を入手していました。にもかかわらず、周辺自治体などからの再三の問合せにもかかわらず、情報を提供していませんでした。都と周辺自治体は5日の防衛省への要請文で、「発生からかなりの時間が経過しており、速やかに情報提供がなされなかったことは、基地周辺住民の不信感につながりかねず、極めて遺憾」と指摘していました。

 防衛省から各自治体への今回の情報提供によると、判明した漏出事故は①2011年1月11日に、格納庫で約19~38リットル②2012年10月11日に倉庫で約97リットル③漏出時期不明で2012年11月29日に報告された横田消防署で約3030リットル-の3件。③については、タンクから薬剤が徐々に漏れ出て1年以上かけて漏出したとみられています。

 米軍側は、②は吸着パッドで除去、③はコンクリート床の目地に吸収されたなど、いずれも基地外に流出したとは認識していないと説明しています。

 また、2020年にも3件の漏出事故があったと報道されたことについては、消防車両からの漏出はあったものの、漏出したのはPFOS(PFASの一種)等を含まない水成膜泡消火薬剤だったと説明しています。

 判明した漏出は、氷山の一角と指摘されているほか、横田基地内の井戸水は、米軍の調査で、すでにPFASによる汚染が判明しています。周辺住民からは、日本政府による横田基地への本格的な立ち入り調査を求める声が出ています。

東京民報2023年7月30日号より

関連記事

最近の記事

  1.  羽田空港での1月2日のJAL機と海上保安機の衝突炎上事故に始まり、5月24日には同空港でJAL機…
  2.  アジアを中心に約40カ国、320本の優れたドキュメンタリー映画を配信する「アジアンドキュ…
  3.  2024年度の介護報酬改定で、訪問介護サービスの基本報酬が2~3%引き下げられた問題をめぐり、日…
  4.  「災害拠点病院である厚生荘病院(多摩市)に湖山医療福祉グループが参入し、一方的に閉院し希望退職に…
  5. 蓮舫氏に花束をわたす大山都議=5月29日、都議会共産党控室  都知事選(6月20日告示、7月…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る