対話と参加、さらに前に 杉並区 岸本区長誕生1周年で集会〈2023年8月13日・8月20日合併号〉

 杉並区の岸本聡子区長が誕生して7月で1周年を迎えたのを機に、岸本氏の後援会「ソシアル サトコズ」は7月30日、成果や課題を共有する集会「杉並区は止まらない みんなで前へ!」を区内で開きました。オンラインも含め、500人以上が参加しました。

1年間の区政をスライドも示しながら振り返る岸本区長=7月30 日、杉並区

 岸本氏は、スライドも使って、▽オープンで透明性の高い区政▽住民参加の仕組みづくり▽区民の暮らしや命と健康を守る施策の拡充▽子育て支援▽人権と多様性、働く人の権利を守る-など、この1年、重視して取り組んできた課題を紹介。

 区民との対話集会「聴っくオフ・ミーティング」の年10回開催や、まちづくりの中で道路問題を考える対話集会「さとことブレスト」の実施など、住民参画の仕組みづくりを進めてきた成果について、「区民から聞いた話が区役所の議論のベースになっている。幹部職員が区民の生の声を聞いて課題を受け止めている」と手応えを強調しました。

 今後も「対話と参加のまちづくり」に力を入れていくとし、道路拡幅など前区政が決めた計画に関連して、「決まったことだからと進めるのではなく、住民も職員も当該地域に住んでいない人も参加するデザイン会議へと発展させたい」と、意欲を語りました

 岸本氏はまた、1年の成果として▽記者会見へのフリーランスの参加とライブ配信▽区長専用車の廃止▽中小企業へ光熱費値上げ分の支援▽高齢者の補聴器購入費助成▽妊産婦検診を1回から4回に拡充▽公立小中学校の給食費無償化(9月議会に提案)▽生活保護の扶養照会を希望者のみに▽子どもの権利条例制定に向けた審議会設置▽パートナーシップ制度などを規定した性の多様性条例―などを挙げました。

 4月の区議選で投票率を上げようと、一人で街宣に立ってアピールしたことを紹介。投票率は区全体で前回より4.19ポイント、中でも30代女性は9ポイントもアップしたことを紹介。会場から拍手が湧きました。

 さらに今後の政策課題として、参加型予算のモデル実施や無作為で選ばれた区民による「気候区民会議(仮称)」の年度内実施、家賃助成制度の来年度実施に向けた検討などをあげました。

「やったね杉並区」 区民が変化を討論

 岸本区政の1年を区民と振り返るパネルディスカッションが行われました。

 登壇した4人の区民は「区はカウンター越しに相対する関係から、一緒に議論を交わす関係に変わった。区長と職員もチームとして動き出していると感じる」「当事者にとって(性の多様性)条例ができた意味は大きい。自分が生き誰かを大切にしていることを肯定されるようになった。やったね杉並区という感じです」など、実感する区政の変化について喜びとともに語りました。

 後援会の内田聖子事務局長は「一人ひとりが、自治と民主主義を地域で進める主役になろう」と呼びかけました。昨年6月の区長選で岸本氏を支援した日本共産党、生活者ネットの区議と立憲民主党の吉田はるみ衆院議員が登壇し、紹介されました。  集会ではまた、スペインのバルセロナ市が2020年に発表した気候危機への政策集を後援会が翻訳した冊子『これは訓練ではない-気候緊急事態宣言』を公表しました。

東京民報2023年8月13日・8月20日合併号より

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る