遺産警告を力に見直しを 超党派議連が院内集会〈2023年10月1日号〉

 超党派の国会議員でつくる「神宮外苑の自然と歴史・文化を守る国会議員連盟」は9月20日、イコモス(国際記念物遺跡会議)が神宮外苑再開発の撤回を求める「ヘリテージ・アラート」を出したことを受けて、計画見直しを求める院内集会を衆院議員会館(千代田区)で開きました。

神宮外苑再開発の見直しを求めた院内集会=9月20 日、千代田区

 発起人代表の船田元・自民党衆院議員が「外苑再開発に反対し著名人の懸念の声が広がり、この盛り上がりを無駄にしないで行動していく責任が新たにできた。ヘリテージ・アラートが発せられたことも大きなきっかけとなる。みなさんと一緒に頑張りたい」とあいさつ。

 日本イコモス国内委員会の岡田保良委員長と石川幹子理事が講演。岡田氏はヘリテージ・アラートを受け取った側がその重みを感じて見直した事例を紹介。石川氏はヘリテージ・アラートの政府、事業者、都に対する要請を詳しく解説しました。

 イコモスはヘリテージ・アラートの発出について、「17世紀から続く東京における『都市庭園パークシステム』の中核を保全し、継続させるためには不可欠」だと強調し、三井不動産など4事業者に計画の撤回と社会的・倫理的責任を果たすよう要請。都には環境影響評価に根本的誤りがあり都市計画決定を見直すこと、政府には積極的な解決に向けた取り組みを求めています。

 石川氏は「再開発によって都市計画公園が削除されるとの説明は、衝撃をもって受け入れられた。世界の人々には通用しない考え方だ。公園が市民の寄付や労働奉仕によってつくられたことも感銘をもって受け取られた」とのべ、イコモスで1カ国の反対もなく確認したことを紹介。「ヘリテージ・アラートには法的拘束力はなくても非常に大きな問題をはらんでいる」と訴えました。  

 参加した国会議員や市民グループの代表、反対署名に取り組むロッシェル・カップさんらが発言しました。日本共産党の笠井亮衆院議員は、「アラートが短期間に深く検討された結果に出されたことがよく分かった。力にして超党派で頑張りたい。地球沸騰化と言われる中、大量の木を切る計画は逆行だ。止めるためにみなさんと力を合わせて頑張る」と表明しました。

東京民報2023年10月1日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る