神宮外苑 伐採は年明け以降に 世論無視できず〈2023年10月8日号〉

 神宮外苑の再開発で、事業者の三井不動産は9月29日、予定していた樹木伐採の開始時期について、2024年1月以降になるとの見通しを示しました。

 当初は今年9月以降としていました。同社担当者が都庁を訪れ、都側に報告しました。

 再開発では、神宮球場と秩父宮ラグビー場の敷地を交換して建て替え、超高層ビルなどを建設します。都は9月12日、伐採開始前に樹木の保全に関する見直し案を示すよう事業者側に要請。事業者側は具体案を盛り込んだ変更届を、年末か年明けに都に提出すると報告しました。

 見直しへ署名運動や裁判に取り組むロッシェル・カップさんはSNSで、「伐採は一時延期になりましたが、気を緩めてはいけません。今は声を上げ続ける時です。事業者、東京都、国にそれぞれの責任を果たし、このプロジェクトを一から再考するように訴えましょう」と呼びかけています。

共産党・和泉幹事長「中止へ奮闘」

 日本共産党都議団の和泉なおみ幹事長は30日、「事業者が樹木保全の具体的な見直し案を示すとしたことは、神宮外苑の樹木伐採中止、再開発の中止・見直しを求める世論の高まりを都も事業者も無視できなくなった表れ」との談話を発表しました。

 和泉幹事長は「事業者はイコモスの警告に反論の見解を示し、再開発そのものを見直す予定はない」と指摘。「このままでは、建国記念文庫の森は伐採され、事業者自身、状態悪化を認めているイチョウ並木も保全される保証はない」と強調しています。

 その上で「共産党都議団は引き続き、多くのみなさんと力を合わせ神宮外苑の樹木伐採、再開発の中止、大幅な見直しへ奮闘する」と表明しています。

東京民報2023年10月8日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る