「海辺の鳥」なぜ内陸部へ イソヒヨドリの謎を追って〈2023年10月15日号〉

 岩場の海岸で繁殖するイソヒヨドリは、「海辺の鳥」と親しまれてきたのに、八王子などの内陸部に分布を広げており、野鳥研究者らを驚かせています。東京では近年、山地で生息していたオオタカなどの猛禽類やエナガなどの樹林性の鳥が平地や都心部へ分布を広げているのとは対照的です。「海辺の鳥」のなぞの動向について川内博さん(都市鳥研究会代表)に聞きました。

内陸部への分布の広がりが関係者を驚かせているイソヒヨドリ=川内さん提供

野鳥研究者 川内博さんに聞く

-イソヒヨドリの特徴的なことから紹介を

 この鳥はツグミ科の鳥で、大きさはスズメとハトの中間くらいです。オスは頭や背中、胸は青く腹の部分はれんが色のきれいな鳥(写真)です。漢字では、「磯鵯」と書き、磯(いそ)という岩場の多い海岸にいるヒヨドリに似た鳥という意味です。雑食性で、主食はフナムシやトカゲ、ヤモリなどの小動物や昆虫、木の実などですが、道に落ちているお菓子なども口にします。岩の隙間に枯れ草などでおわん型の巣をつくり繁殖します。繁殖期以外は単独で行動し、日本全土の海岸で見られます。青い羽根と美しいさえずりで昔から目立つ鳥でした。

八王子や日野でも

 -それがなぜ内陸部へと?

 近年、内陸部でその姿を見たり、さえずりを聞いたりすることが多くなりました。なかでも東京湾から50キロメートルも離れた丘陵地の八王子市では、隣接する日野市を含めた地域で、今年の繁殖期には50か所で繁殖が確認されています。

 営巣場所の多くは大型スーパーやマンション、橋などの人工建造物の隙間などですが、こうした建造物は、八王子に限って多いわけではありません。私の居住地の埼玉県和光市(東京湾から25㌔㍍の台地)でも駅前のビルで、また、山梨や群馬などの海なし県でも繁殖が確認されています。

 「海辺の鳥」と言われているのになぜかと調べたところ、イソヒヨドリにとっては「磯」が、生息に適した絶対的な場所ではなく「岩場の多い環境」が大好きなことがわかりました。森林が豊かな日本にまで分布を広げたとき、彼らの住む場所は磯しかなかったのではないでしょうか。研究当初、内陸部に分布を広げたのは彼らの好きな磯に似た人工の岩・コンクリート建造物が増えたためだと考えました。

なぜ八王子に?

 -この謎の解明は?

 日本全土にコンクリート建造物が増えたために、彼らが内陸部に分布を広げたということは、大筋では間違っていないと思われますが、いくつもの疑問符がつきます。まず、なぜ八王子なの?同じような街環境はいたるところにあり、突出して多い理由がわかりません。また、森林におおわれた紀伊半島の吉野山や高野山の山頂でも生息を確認しました。さらに、伊豆諸島の神津島ではかつては海辺にいたのが、今では島の中央の山頂まで分布を広げています。

 話は、自然の岩場「磯」から人工の岩場「コンクリート建造物」に生息場所が広がったという単純なことではないようです。

 イソヒヨドリの原産地はユーラシア大陸と考えられ、英名は、Blue Rock Thrush(青い岩ツグミ)」で、学名は「山で孤独に生きる住人」といった意味がつけられています。ヨーロッパでは山地に生息している鳥のようです。和光市では、郊外の道路沿いのコンクリート建物で3年連続繁殖しています。

 彼らはなぜ内陸部に分布を広げているのか、調べれば調べるほど謎は深まっていきます。

川内博さん

東京民報2023年10月15日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る