自由を奪う長時間労働 資本主義問う質問に注目【新年にきく・米倉春奈都議】〈2024年1月14日号〉

 日本共産党の米倉春奈都議は、長時間労働や気候危機の問題を取り上げた昨年12月の都議会本会議の一般質問で、「目先の利益を優先した資本主義システムの矛盾の現れ」との視点から論じ、注目されました。日本を含め世界先進諸国の若者の間で、資本主義への懐疑と社会主義への新しい期待の波が広がるなかでの資本主義を正面から問う論戦です。米倉都議にどのような思いで質問に臨んだかを聞きました。

 「利潤追求を第一の目的とする資本主義のシステムそのものが貧困と格差をどんどん拡大し、人類の生存すら危うくする気候変動をもたらしています。そのことに多くの人が気づきはじめています。とくに若い人たちは、働き方や気候危機など資本主義の限界にぶつかる中で模索が始まっています(別項)。資本主義を乗り越えた社会主義・共産主義の未来社会を目指す日本共産党こそ、解決への展望を発信していかないといけない」。米倉都議は、今回の質問を準備するにいたった動機について、こう明かしました。

人間らしく生きる

 共産党都議団は長時間労働の問題について、ジェンダー平等の観点から継続的に取り上げてきました。日本の女性が管理職など責任ある仕事に就けない背景に、男性の長時間労働が当たり前とする社会の中で、女性に家事や育児、介護などが押しつけられてきたことがあるとの問題意識からです。

 今回の米倉都議の一般質問では、「労働時間の短縮」を進めるための具体的な提案に踏み込みました。「私は人が自由に生きられる社会を理想としています。女性も男性も生活時間を取り戻し、ウエルビーイング(持続的な幸福感)を実現して人間らしく生きるには、労働基準法で定める1日の労働時間の上限8時間は長いと思っています」。

 国の統計などを調べると、通勤時間と合わせた仕事による実質的な拘束時間は、首都圏の労働者が一番長く、平均すると約12時間、一日の半分にも及んでいることが分かりました。

 「ここに人間らしい暮らしを奪われている根本的な原因がある」。改めて実感した米倉都議でしたが、都政の問題としてどう取り上げるかには苦心しました。考えついたのが、ジェンダー平等の先進国アイスランドが行った労働時間短縮の実証実験です。

実証実験を提案

 同国では政府と首都レイキャビック市議会が、労働組合などの要請を受け、週40時間の労働時間を35時間ほどに短縮する実証実験を実施。結果は健康やワークライフバランスが改善し、生産性が向上しました。この結果を踏まえて労働者の9割が同じ給与のまま労働時間を短縮、または短縮する予定です。

 米倉都議は都に対し、同様の実証実験と結果検証をするよう提案しました。「労働時間の短縮が政策課題になることについて、はじめはピンときてないようでした」(米倉都議)。しかし都からは「長時間労働を前提としてきた働き方を見直すことは、生活を充実させるための時間を創出し、男女が共に自分らしい生き方を選択できる社会の実現にもつながる」(横山英樹生活文化スポーツ局長)という、今後につながる重要な答弁をひき出すことができたのです。

 「働き方や気候変動、ジェンダー平等のテーマは、若い人たちに芽生えている資本主義批判と結びつき、インターネットで共有するテーマとして、とてもかみ合っています。日本共産党の第29回大会(1月15日~)決議案でも強調していますが、資本主義の限界をどう乗り越え、どういう未来社会を目指しているのか、経済界ファーストの都政転換の必要性とともに、日本共産党の未来社会論を大いに発信していきたい」

 米倉都議は都知事選の年を迎え、決意を新たにしています。

東京民報2024年1月14日号より

関連記事

最近の記事

  1.  任期満了に伴う都知事選が7日投開票され、市民と野党の共闘で推された前参院議員の蓮舫候補(56)=…
  2.  7日投開票の都知事選で3選を決めた現職の小池百合子氏は291万8015票(得票率42.8%)を獲…
  3.  羽田空港で今年1月に起きたJAL機と海上保安機の衝突炎上事故では、客室乗務員が乗客を機内に取り残…
  4. 都議補選報告に激励次々  9選挙区(いずれも欠員1)で行われた都議補選も7日、投開票されまし…
  5.  日本共産党都委員会の常任委員会は8日、都知事選・都議補選(7日投開票)について声明を出しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る