衆院議員リレーレポート*笠井亮 能登の惨状と東京大改造〈2024年1月14日号〉

(左)地震で亀裂の入った道路にはまるトラックを見る。(右)麻布台ヒルズ

 震度7と余震のなかの厳寒の能登半島。元日、妻の実家がある富山に着いたばかりの時に車が跳ね上がる激震に襲われました。翌日、断水の被災地に水をもって出かけ、党対策本部として一刻も早い支援を、政府は目の前の危機に対処せよと求め、全国でいっせいに支援募金に立ち上がっています。

 今回の地震で痛感するのは、「失われた30年」を招いた「裏金政治」が、過疎と高齢化、孤立の地方を切り捨てる一方、巨大都市東京の「大改造」といういびつな構造をつくりだしたこと。

 いま東京は、渋谷、八重洲・日本橋、虎ノ門・麻布台、湾岸エリアなどで超高層ビル群建設中の巨大開発ラッシュです。年末に開業された「麻布台ヒルズ」一帯はかつての家々がすっかり消え、高層ビルへの外国人の入居が相次いでいるといいます。「東京大改造」のキャッチフレーズは「稼ぐ東京」。外国人を呼び込み、都心の一等地を大企業に利活用させる狙いがあけすけです。神宮外苑では100年かけてつくられた貴重な樹木の伐採を計画し、気候危機対策にも逆行、不動産ビジネスを潤す高層ビル建設に批判が集中しています。

 国は「国家戦略特区」で、“世界で一番ビジネスしやすい環境を”と大胆な規制緩和や税制優遇制度をつくり、小池都政が実行・推進役を果たしてきました。

 カネと利権で動く自民党政治はおしまいにし7月の都知事選で都政を転換するチャンス。日本共産党躍進で希望をひらく年に、新しいスタートです。(日本共産党衆議院議員)

東京民報2024年1月14日号より

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る