【本】人跡未踏の南硫黄島に挑む 川上和人著 『無人島、研究と冒険、半分半分。』〈2024年1月28日号〉

かわかみ・かずと
森林総合研究所鳥獣生態研究室長。小笠原の無人島を舞台に鳥を研究
東京書籍 1760円

 本書は、人跡未踏の絶海の孤島・南硫黄島の調査に参加した鳥類学者のルポ的な報告書である。

 この島は、小笠原の父島から南へ300キロメートルの位置にある。直径約1キロメートル、標高916メートルの島である。海岸は切り立った数百㍍の崖に囲まれ、海岸は落石の危険もある。人を寄せ付けないから、過去から現在まで「人為的攪乱のない原生の生態系の姿」を残し、「類いまれなる魅力」を持った島だと著者は言う。

 天然記念物にも指定されているこの島の調査は、これまで1936年、1982年、2007年と2017年の4回実施されている。著者が参加したのは、3回目と4回目で、東京都と首都大学による自然環境調査である。

 07年の調査は、隊員18人で調査期間は約2週間。隊員の登山家3人が先に登って登攀とうはんルートにロープを張るなど研究者の安全確保に心を配る。

 登り口は、島の中で山が崩れた唯一の谷地形が選ばれる。隊員は、ここから標高500メートルまでロープの張られた谷地形の崩落地を登り、コルと呼ばれる少し平らな所へ。そこから尾根伝いに頂上まで登ることができる。

 山頂付近には森林があり、土壌が発達していた。そこで著者は多くの海鳥の死体に出会う。それは、「世界中で南硫黄島の山頂近くでしか繁殖していない」クロウミツバメで、死体が多いのは繁殖数の多さを示している。ここでしか手に入らない死体も貴重。著者は気分よくザックに死体を詰めるだけ詰めて持ち帰る…。

 著者は、海岸部ではカツオドリなど3種の海鳥の繁殖を確認、標高500メートル地点にはシロハラミズナギドリ、山頂ではクロウミツバメの繁殖を確認した。なぜ高さですみ分けているのか。鳥の体重差によるのだという。

 本書後半は2017年の調査の報告。前回から10年の間に2種の招かれざる外来植物が進入したことや、初参加のNHKのドローンで、アカアシカツオドリの繁殖が日本で初めて確認されたことなどを紹介している。

 類い稀な人跡未踏の島は、知らないことが満載だから面白い。(ライター・松橋隆司)

東京民報2024年1月28日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る