医師増員で医療崩壊防げ 医師・医学生らがシンポ〈2024年1月28日号〉

 医師と医学生でつくる「医師・医学生署名をすすめる会」は20日、医師不足をめぐる深刻な現状と解決策を探るシンポジウム「今、医師不足で何がおきているのか」を千代田区内で開きました。

医師不足を訴える本田宏氏(左)=20日、千代田区

 日本は人口当たりの医師数がOECD(経済協力開発機構)加盟国の中で6番目に低く、医師数はOECD平均と比較すると13万人不足。医学部卒業生数は、OECDで最低です。

 医師が自己犠牲的な過重労働に苦しむ状況において、厚生労働省は今年4月から、医師の働き方改革を本格的に施行します。時間外・休日労働時間に上限規制が設けられますが、救急、在宅、へき地医療、がん拠点病院のほか、臨床・専門研修医の雇用施設など、一部の病院では過労死ラインの約2倍にあたる1860時間(月155時間相当)の時間外労働を容認。宿直や日直は管轄の労働基準監督署に許可を申請すると、働いても労働時間とみなされません。

 医師増員なき医師の働き方改革がもたらす医療のさらなる衰退を懸念し、同会は昨年12月、「医療崩壊を防ぐための医師増員を求める請願署名」を、医師と医学生を対象に開始。署名は、▽医師養成数がOECD平均並みとなるよう医学部定員を増やす▽診療報酬の抜本的引上げ▽医学研究・医学教育が適切に行える予算措置-を求め、6月頃に衆参両院へ提出する予定です。

抑制政策の転換こそ

 シンポジウムでは、長野中央法律事務所の村上晃弁護士が「人権としての『医療へのアクセス』が保障される社会の実現を目指して」をテーマに基調講演。日本弁護士連合会が昨年10月に開いた人権擁護大会のシンポジウムで、「医療費の上昇は経済成長の足かせ」として国が進める医療費抑制政策は、エビデンス(証拠)の乏しさが明らかになったと報告。医療従事者の人権を犠牲にすることで、患者の人権「医療へのアクセス」を支えることは限界を超えており、「国は双方の人権を侵害している」と強調。「医療抑制政策の転換に尽きる」と主張しました。

 登壇した全国医師ユニオン代表の植山直人氏は、「私たちが実施した調査で、日常的に死や自殺を考えている医者が6.9%、20代の医者は14%いる」と話し、医師の働き方改革は「医師の人権を踏みにじる改革である」と批判。医療産業は世界的に成長しているにも関わらず、「中心を担う医師数を抑制するということは、医療産業自体を抑え込んでいる。非常におかしなこと」と指摘しました。

 オンラインで参加した全日本医学生自治会連合の医学生は、「医師の働き方、生活・職場環境を見て、自分たちが将来医師としてやっていけるのか、日本の医療は回るのだろうかと、不安を抱かざるを得ない状況になっている」と、心境を告白。「環境が厳しいほど、ハラスメントが横行する。心身ともに健康に働ける職場実現のため、余裕のある医療現場をつくってほしい」と述べました。

 日本女医会会長の前田佳子氏は、「2020年時点の女性医師数は7万7546人。OECD加盟国中、最下位」と指摘。「今、医療に求められているのはダイバーシティー(多様性)であり、これはすべての人が働きやすい社会の実現につながる」と訴え。労働時間、アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)、ハラスメントの改善が必要として、「最も大切なのは意識の改革」と力を込めました。

 司会進行を務めた医療制度研究会理事長の本田宏氏は、「医療・医療提供者が国策に奉仕させられることは、国民の命が国策に奉仕させられるということ」との内田博文九州大学名誉教授の言葉を引用し、「医師を増やさなければ医療事故にもつながり、安全は守れない」と提起しました。

東京民報2024年1月28日号より

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る