憲法9条吟じて変革を 新興吟詠会 東京支部が新年会〈2024年2月11日号〉

「憲法9条」を吟じる参加者=1月26日、江戸川区

 民主の精神や平和憲法、民衆の心を詠う革新的な吟詠会「新興吟詠会」(本部・大阪)の東京支部は1月26日、東部フレンドホール(江戸川区)で新年会を開きました。

 昨年5周年を迎えた東京支部は、会員数23人。当日は13人が参加し、吟詠のほか、南京玉すだれや民謡、三味線の演奏など、趣味や特技を披露する場面もありました。

 文筆家の澤田勝雄支部長は、能登半島地震や自民党の裏金問題などに言及し、「こういう時にこそ憲法9条を高らかに詠い、詩吟で世の中を大きく変革しましょう」とあいさつ。同会創設者の平岩松籟師が創作した「新興吟詠会歌」を、全員で合吟しました。

 司会を務めた若月和子さんは、品川区がすすめる区立保育園の民営化について「子どもたちの育つ条件がぐっと下がる」と危惧し、友人が作歌した和歌に節調をつけて吟詠。東京民報の代表取締役で元都議の河野百合恵さんは、「都知事選で新しい都政をつくりたい」と述べ、「母を奉じて嵐山に遊ぶ」(頼山陽作)を吟じました。

 江戸川区原爆被害者の会「親江会」会長の山本宏さんは、能登半島地震を憂い、「志賀原発だけが元気なはずはない。真実を暴き出してほしい」と発言。平和を願い、「従軍行」(王昌齢作)を重厚な声で響かせました。

 昨年11月に大阪で開かれた、同会45周年記念本部文化祭の参加者5人が、会場で発表した構成吟「憲法前文(抄)」など、3題を熱吟。最後に全員で「日本国憲法第九条『戦争の放棄』」を合吟しました。

 平沢千恵子さんが、閉会あいさつ。「憲法9条を柱に、あらゆるところで吟じていきましょう」と激励し、閉幕しました。

東京民報2024年2月11日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る