新規感染者 過去最多の472人に 共産党都議団 検査の抜本拡充申し入れ〈8月9,16日合併号より〉

 東京都では8月1日に、一日の新たな感染者数が過去最多となる472人を確認。新規感染者数が200人を超える日が7月28日から7日連続し(8月3日現在)、週平均では「東京アラート」解除(6月11日)の週から先週(7月27日~8月2日)は17・8倍(5面グラフ参照)と、感染拡大の加速が続いています。

 小池百合子知事は急激な感染拡大を受け、7月30日の記者会見で都内全域の酒類を提供する飲食店と全カラオケ店を対象に8月3日~31日まで、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請しました。全面的に要請に応じた中小業者に協力金20万円を支給します。しかし業者からは「自粛するにはとても足りない」との声も出ています。

 協力金の財源は総額100億円程度を見込み、政府に補助を求める考えです。また、小池知事は30日、新型コロナの「対策条例」を議会に諮らない専決処分で改定。「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示を事業者に努力義務化しました。

 8月1日からで罰則はありませんが、協力金支給の条件にもしており、共産党都議団は専決処分したことは「民主主義をないがしろにするもの」と抗議する談話を発表しています(4面に関連記事)。

 日本共産党都議団は7月31日、新規感染者の急増を受け、「医療崩壊を引き起こし、救える命が救えなくなる事態が生じることが強く懸念される」として、改めてPCR検査の抜本的拡充を小池百合子知事に申し入れました(3面に全文)。

都医師会長「国会開いて」

 東京都医師会の尾崎治夫会長は記者会見(7月30日)で、「このままでは日本全体がどんどんどんどん感染の火だるまに陥っていく」と危機感を露わにしました。

 尾崎会長は感染拡大を収束するためには、休業補償とセットの法的拘束力のある休業要請を可能にする特措法改正が必要だと主張。エピセンター(感染震源地)化した地域を限定した集中的なPCR検査の実施や、都内1400カ所を目標にPCR検査の拡大、そのためのPCR検査の体制確立などの具体策を提案。

 その上で、「良識のある国会議員のみなさん、コロナに夏休みはない。国会をひらき、国がすべきことを国民に示し、国民、都民を安心させてほしい」と訴えました。

(東京民報2020年8月9,16日合併号より)

関連記事

最近の記事

  1.  国土交通省は、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日の閣議決定)で、羽田空港での…
  2.  超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に…
  3.  日本共産党都議団は12日、米軍横田基地に核搭載可能な米空軍のB52H戦略爆撃機が飛来したことに対…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 共闘で金権の根を断とう 東京15区補選28日投票 運営…
  5.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る