コロナ危機を乗りこえ安心と希望の政治を東京から 共産党都委 都議選重点公約を発表

 日本共産党東京都委員会は13日、都議選(6月25日告示、7月4日投開票)に向けた訴えと重点公約「コロナ危機を乗りこえ、安心と希望の政治を東京から」を発表しました。今夏の東京オリンピック・パラリンピックを中止し、コロナ対策に全力集中することや、コロナ禍で明らかになった都政のゆがみを正し、医療、介護、保育などケアに手厚い東京にすることなどを掲げています(別刷りに全文掲載)

重点公約を発表する(左から)大山、田辺、和泉の各氏=5月13日、都庁

 同日、都庁で開いた記者会見には田辺良彦・共産党都委員長と同党都議団の大山とも子団長、和泉なおみ幹事長らが出席しました。

 田辺氏が訴えと公約について説明。「五輪中止の決断は、いよいよ待ったなし。コロナ感染を収束させるためにどうするのかが一番問われる」と、都議選の意義について強調しました。田辺氏は「日本はワクチン接種が遅れ、医療従事者が不足している時に、五輪で医師200人、看護師500人、30の指定病院を確保しようとしているのは、率直に言って正気の沙汰ではない」と批判。「開催都市の責任が厳しく問われる。都と政府に対し、ただちに中止の決断を求めていきたい」とのべました。

 「訴え」では、小池百合子知事が感染第4波に直面して「東京に来ないで」と言いながら五輪では「東京に来て」と言う矛盾した態度をとっていること、菅義偉首相が「開催権限は国際オリンピック委員会が持っている」として、開催国の首相として責任が欠落していると指摘しています。

 また、共産党が繰り返し五輪中止を求めているのに対し、自民党、公明党、都民ファーストはコロナ禍が深刻な昨年10月の都議会で、五輪開催に「全力で取り組んでいく」という決議を強行しています。

 訴えは深刻化する感染拡大は「菅・自公政権と小池・自公ファ都政が招いた人災」であり、その根底に「科学を無視し、国民に自己責任を押しつけるという致命的な弱点」があると告発。田辺氏は「お願いだけでは収束に向かうことはできないことは現実が証明している」と指摘しました。

 訴えではコロナ封じ込めへ▽PCRの大規模検査▽安全、迅速、確実なワクチン接種▽事業者への十分な補償と都民への生活保障▽医療機関への減収補てん、都立・公社病院の独立行政法人化の中止―を提案しています。

 田辺氏は「コロナ危機で浮かびあがった都政の歪みをただしていく」と強調。訴えは▽「ケア」に手厚い東京にする▽大企業が“稼ぐ東京”から福祉・暮らし第一にする▽ジェンダー平等・個人の尊厳を大切にする▽オスプレイ、低空飛行など米軍の無法をやめさせる―の四つのチェンジで安心と希望の新しい都政をと呼びかけています。

 これら4つの転換から見て、自民党、公明党、都民ファーストに政治的立場の違いはなく、そろって小池都政を推進しており、都議選は、これらの党と共産党の対決が選挙戦の本当の構図だとしています。

 田辺氏は認可保育園の増設や学校体育館へのエアコン設置など、共産党都議団が都政を動かしてきた抜群の実績・値打ちを示しながら、都議会野党第1党の共産党を伸ばすことが、都民の願いを実現する最大の力になると訴え。「日本共産党が伸びれば、いっそう多くの都民の願いが実現できる」と力を込めました。

 田辺氏は菅政権のコロナ無策、強権政治への批判が高まる中、都議選での共産党躍進が連動する総選挙での野党連合政権実現に道を開くと強調しました。

別刷り「日本共産党の訴えと重点公約」

【東京民報2021年5月23日号より】

関連記事

最近の記事

  1. 新作の「桜の四季」を実演  「平和と文化をはぐくむ空間に」との思いを込めて建築された「まつい…
  2.  小田急グループの神奈川中央交通(神奈中バス=神奈川県平塚市)が運行する路線バスで起きていた障害者…
  3. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  5.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る