フラッシュ@Tokyo 2022年1月30日号WEB版 新型コロナ、都が重点措置 共産党世田谷区議団が感染急拡大で申し入れ 改憲ノーで署名 など

■新型コロナ 都が重点措置 2月13日まで


 政府は19日、首都圏など13都県に新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」の適用を決定しました。期間は21日から2月13日まで。東京都は都内全域の飲食店を対象にし、認証店では①午後8時まで酒類提供午後9時まで営業(協力金1日2万5000円~)②酒類は提供せず午後8時まで営業(同3万円~)、非認証店は認証店②と協力金を含め同じ―の対策を打ち出しました。
飲食店での会食人数は、1グループ4人以内を要請し、陰性を確認すれば5人以上も認めます。大規模イベントは2万人まで入場可能で、それを超える場合は陰性確認すれば定員まで可能としています。


 ■東京都 新規感染初の1万人超 自宅療養2・6万人超に


 新型コロナの23日の都内新規感染者数は9468人で前週日曜日(4172人)の2倍超となり、3日連続で9000人を超えました。22日には1万1227人と初めて1万人を超えました。
 感染急拡大に伴い23日の入院者数は2465人(内重症者13人=都基準=)、宿泊療養者数2631人に対し、自宅療養者26556人、入院・療養調整中の人は31138人と、自宅にとどまっている人が合わせて5万7000人以上にのぼっています。


 ■共産党世田谷区議団が感染急拡大で申し入れ

 日本共産党世田谷区議団は新型コロナ感染急拡大を受けて19日、保坂展人区長に対し区の対策強化を申し入れました。この中で①無料PCR検査場の設置②駅頭や薬局での簡易キットの配布③社会的検査の対象を利用者にまで拡充と大規模検査実施―など、区の対応を評価。その上で、▽みたび在宅死を生まないための医療機関、自宅療養への支援と保健所の強化▽迅速かつ確実なワクチン接種▽重点措置により影響を受ける事業者への支援―などについて、具体的提案をしました。
 応対した保坂区長は、ワクチン接種の前倒し、大規模検査の実施などの取り組みを始めていることや、無料PCR検査は14日から始めていることなどの説明がありました。

■共産党都議団が申し入れ


 保健所から濃厚接触者に対し、PCR等検査無料化事業で実施している検査場所で無料検査を受けるよう案内している問題で、日本共産党都議団は24日、感染している可能性の高い濃厚接触者に案内する場所として不適切だとして、都に改善を申し入れました。
 内容は▽濃厚接触者には動線の分離などの対策が取られていない検査場所の案内はせず、保健所か医療機関で検査を行うようにする▽症状のない濃厚接触者が自ら医療機関に出向いた場合の費用負担は、全額公費となることを診療・検査医療機関などに改めて通知を出すーことの2項目。
 応対した福祉保健局の杉下由行・感染症危機管理担当部長は「動線がきちんとなっているかは重要」と答えました。


■改憲ノーで署名 新婦人港支部

 岸田政権が前のめりに進める改憲の動きにノーの声をあげようと、港区の新日本婦人の会港支部が15日、増上寺前で署名行動に取り組みました。
 参加者は、1枚の和紙から作った、数字の9の形に並んだ折り鶴を張り付けた紙を掲げるなどしてアピール。「敵基地攻撃能力などと、物騒なことを政権が言い出している。日本が戦後、海外で戦争をしてこなかったのは、憲法9条の力。憲法を生かし、平和と民主主義を貫く政治をつくろう」と訴えました。
 署名に応じてくれた人には、平和憲法を未来に引き継ぐ思いを込めて折り鶴が贈られました。

増上寺前で行われた新婦人港支部の署名行動=15日、港区


■国民と都ファが連携 参院選に向け

 国民民主党の玉木雄一郎代表は13日、小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」との勉強会後の記者会見で、参院選に向けた都ファとの連携について「政策や思いの一致が大事だ。そういったものを深めながら、様々な連携のあり方を引き続き検討していきたい」とのべ、連携への意欲を示しました。

関連記事

最近の記事

  1.  国土交通省は、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日の閣議決定)で、羽田空港での…
  2.  超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に…
  3.  日本共産党都議団は12日、米軍横田基地に核搭載可能な米空軍のB52H戦略爆撃機が飛来したことに対…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 共闘で金権の根を断とう 東京15区補選28日投票 運営…
  5.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る