多様な教育取り戻そう 東京教育集会を開催

 憲法を守り生かし、子どもの学習権・生存権を保障する教育を取り戻すことをテーマに、「2・5東京教育集会」が5日、全国教育文化会館(千代田区)で開かれました。会場とオンラインを含め、約200人が参加。長引くコロナ禍の下、子どもたちの健やかな成長や個々に手を差し伸べられる教育の実現、平和な未来を願う取り組みの輪を広げるため、山積する教育問題を報告し合い、学びと交流を深めまた

 東京大学大学院教育学研究科の本田由紀教授が、「日本の教育の特徴と課題」について講演。日本の教育は、学力といった「能力」の一元的な尺度に基づき、縦に格付けされる「垂直的序列化」と、特定のふるまいや考え方を全体に強制し、「態度」や「資質」を評価の対象にする「水平的画一化」が支配している実状を説明。これが児童生徒の出身家庭による学力格差を顕著にし、社会的な排除にもつながっていると指摘しました。

「日本の教育の特徴と課題」について講演する本田教授=5日、千代田区

 本田氏は、国が推進する教育政策により児童生徒が打ちのめされているとして、高校1年生を対象にしたPISA(OECD〈経済協力開発機構〉が3年おきに実施する国際的な学習到達度調査)による「生きる意味」の国際比較データ(2018年)を提示。調査に参加した73カ国中、日本は最下位で、「生きている意味が分からない若者を、政治や社会がつくり出している現実を直視すべき」と声を強めました。

 学校教員の現状を見ると、グローバル化などにより教員の仕事は拡大。不登校児童生徒や校内暴力行為など、学校現場が抱える問題も増え、中学校教員の労働時間は世界48カ国の週平均38・3時間に対し、日本は56・0時間。小学校教員は54・4時間です。

 本田氏は「担任学級の児童生徒数が多いほど、勤務時間が長くなるのは自明の理」と強調し、学力格差の是正、学びの意義回復、生徒個々人を尊重する観点からも、少人数学級の必要性を主張しました。

 その上で、誰もが尊重され、可能性を発揮することができる社会を実現するためには社会のありかたを180度変え、多様な個人が等しい人権や権利を持って活躍できる「水平的多様化」への転換が鍵になると指摘。「大事なことは児童生徒の評価ではない。どれだけきめ細かく、それぞれの子どもたちに何をやってあげられるのかということが大切」と語りました。

関連記事

最近の記事

  1.  国土交通省は、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日の閣議決定)で、羽田空港での…
  2.  超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に…
  3.  日本共産党都議団は12日、米軍横田基地に核搭載可能な米空軍のB52H戦略爆撃機が飛来したことに対…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 共闘で金権の根を断とう 東京15区補選28日投票 運営…
  5.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る