【書評】戦争への流れにブレーキを 新聞各紙の元旦社説

 新聞各紙の元旦号社説を読み比べました。今年の特徴として、各紙とも、ロシアのウクライナ侵略・安保3文書等閣議決定の戦争準備に対して何らかの態度表明をしています。しかし、明確な反対表明は「赤旗」のみ。日本のジャーナリズムが戦争への流れに押し流されていることにブレーキをかけねばと感じます。

各紙の元旦の社説

○赤旗―今年を「戦後の最大の分岐点となる年」と位置づけ、岸田内閣の「安保3文書」は「専守防衛」をかなぐり捨て大軍拡・戦争する国家へ突き進もうとしていると指摘。「大軍拡と対決の年」にとしています。

○日本経済新聞―「世界の分断はさらに深まっているように見える」として、「国際協調を立て直す必要がある」としています。岸田内閣の防衛力強化や原発新増設方針については「国民に丁寧な説明」を求めるのみです。

○朝日新聞―「戦争という蛮行」を止める策を人類がまだ持ち得ていないと嘆いています。戦争を未然に防ぐ確かな手立てを、叡智を集め構想しなければならない、とのメッセージはあまりにも抽象的です。

○毎日新聞―「人類は新たな『歴史的危機に直面』している」と各国の政治指導者による「内なる専制」と極右勢力の台頭を指摘しています。日本での議会軽視も看過できないとして、統一地方選挙を機会に民主主義の再生をと結んでいます。民主主義の危機を捉えた真っ当な社説と言えます。

○読売新聞―多くの論点をカバーした全面的な社説を掲げています。政府の防衛政策の大転換を支持しているのは危険なメッセージです。しかしこれを除けば、平和破壊を防ぐ他の方策は「外交」と、日本の役割を強調しているのは真っ当です。

○産経新聞―「東アジアは明日のウクライナかもしれない」と危機をあおり、安保3文書による政策の大転換を持ち上げ。これに疑問を呈する議論に「バカも休み休みに」と悪態をついています。

○東京新聞―「我らに『視点』を与えよ」と、視点を変えて見ることを勧めています。ロシアのウクライナ侵攻などを挙げ、指導者たちが視点を変えて自分のしたことを冷静に見てくれたら、と。世界と日本の現実を考えれば、社を代表するまじめな議論とは思えません。

(松原定雄・ライター)

〈東京民報2023年1月22日号から〉

関連記事

最近の記事

  1.  「色々、改善されている。都議会でも活発に動いて、良い提案もいただいている」▼5月24日の記者会見…
  2. 衆院東京15区補選の共同街宣で=4月16日、江東区  「蓮舫さんを全力で応援します」、5月2…
  3.  都知事選(6月20日告示、7月7日投票)への立候補を表明した蓮舫参院議員は、出馬会見で「小池知事…
  4. 代表質問で小池都政の転換を訴える米倉都議=4日、都議会  都知事選(6月20日告示・7月7日…
  5.  国が2013年から15年にかけて一律2.5%の年金減額を定めたのは憲法25条(生存権)、29条(…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る