フラッシュ@Tokyo 2023年2月26日号 西東京市議会のハラスメントをめぐる決議、母親大会実行委が都知事・都議会要請、五輪汚職

西東京市議会 ハラスメントで決議

 西東京市議会は3日の臨時会で、議員提出議案として提出された「ハラスメントのない西東京市議会を目指すことに努める決議」を全会一致で可決しました。

 同市議会では小峰和美市議(71)=維新・国民民主・みんなの会=が後藤ゆう子、納田さおり両市議に対し、「専業主婦になった方がいい」「おまえをいじめてやる」などと発言し、両議員が抗議していました。

 決議は不適切発言について、「許されるものではなく、あってはならない」と強調。「このような事案が繰り返されることがないよう、ハラスメントの予防・防止対策を講じ、市民の信頼に応え、自由闊達な議論や討議の場として、本来求められる市議会の実現を図る」としています。

 日本共産党の大竹あつ子市議は「風通しの良い、自由に意見が言える議会は市民のためになるものです。パワハラを生む市議会の風土を変えるため、研修や条例作りなど力を尽くしたい」と話しています。

母親大会実行委 都知事、議会に要請

 東京母親大会実行委員会は16日、昨年12月の東京母親大会決議に基づき、都知事・都議会要請を行いました。地域、団体の代表20人が参加しました。

 都知事要請は、担当課長に要請書を手渡し、「産後のケアが大切」「給食費を無償にしてほしい」「英語スピーキングテスト反対」など、要望や実態に即した生の声を届けました。

 担当課長が「様々な切実な要求は知事に伝え、各関係部局へも伝える」と回答。それを受け、木原秀子委員長より、「大型開発ではなく、命やくらし、人権を守るために予算を使うべき。都政一つ一つを憲法に照らして見直してほしい。ジェンダーの視点で都政をすすめてほしい」と重ねて強く要望しました。その後、都議会10会派のうち6会派に要請・懇談しました。

共産都議団 五輪汚職全容解明を

日本共産党都議団は1月30日、東京五輪の汚職や談合疑惑の全容解明に責任を持つことを求める申し入れを小池百合子都知事宛てに行いました。

 申し入れでは「組織委員会の解散により、不正やその責任、原因究明がうやむやにされることは、とうてい都民の理解を得られない」と強調。▽談合疑惑は都、組織委員会(清算法人)として、利害関係のない専門家による第三者組織を設置し、徹底的に調査・検証、公表する▽スポンサー契約に関する汚職容疑についても同様に調査・検証する▽関与が明らかになった組織委理事や都幹部職員への厳正対処▽談合や汚職による被害を被った場合は、損害賠償請求や訴訟を提起し賠償させる-などを求めました。応対した武市敬副知事は、「ご意見は承りました。私を含め関係者で共有します。状況を踏まえて対応します」と述べました。

東京民報2023年2月26日号より

関連記事

最近の記事

  1.  国土交通省は、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日の閣議決定)で、羽田空港での…
  2.  超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に…
  3.  日本共産党都議団は12日、米軍横田基地に核搭載可能な米空軍のB52H戦略爆撃機が飛来したことに対…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 共闘で金権の根を断とう 東京15区補選28日投票 運営…
  5.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る