【書評】見えてくる歴史の細部 『地図と拳』 小川哲 著

 歴史書やドキュメンタリーで学んだ「日中戦争」の歴史が“エンターテインメント”になった! これが読後の第一印象です。日清戦争後、中国東北部の地に「燃える土」を求めて中国、ロシア、日本が対峙する。資源のない日本は鉄と石炭を求め、政情不安な清国を援助、ひいては「満州国」という傀儡かいらい国家をつくるという野望がある。

 満州調査の任を担って、通訳である若き細川とやってきた高木は日露戦争で戦死。その後、細川は満州鉄道を経営する満鉄の要職に就く。「満州は日露戦争による10万の英霊によって手に入れた土地、日本はこの土地の資源を有効活用する権利がある」と須野という気象学者に「満州国という白紙の地図に日本人の夢を書き込め」という。死んだ高木の妻と須野は細川の縁で結婚、明男が生まれる。帝国大学で建築を学ぶ明男は父の依頼で満州に行き、新しい都市「仙桃城都邑計画」に参画する。そこで抗日ゲリラの丞琳を知る。

集英社 2022年
2420円(税込)
おがわ・さとし 1986年千葉県生まれ。2015年に『ユートロニカのこちら側』でデビュー。『地図と拳』で山田風太郎賞、直木賞を受賞

 これらの主な登場人物を縦糸に日本の傀儡国家「満州国」の建国と壊滅までの50数年の壮大なドラマが描かれる。その過程で「五族協和」とか「王道楽土」といった都合のよい大義名分が掲げられ、学者肌の建築家や国粋主義者、軍人、共産党員も登場し様々な議論が展開される。丞琳は言う。「日本人は我々の要求にすべて従えと要求し、断ると銃を向ける。武力で都市を占領し住民たちからすべてを奪う」と。

関連記事

最近の記事

  1. 新作の「桜の四季」を実演  「平和と文化をはぐくむ空間に」との思いを込めて建築された「まつい…
  2.  小田急グループの神奈川中央交通(神奈中バス=神奈川県平塚市)が運行する路線バスで起きていた障害者…
  3. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  5.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る