【書評】モデルなき変動期への覚悟 『百歳人生を生きるヒント』 五木寛之 著

 日本人の平均寿命は男性81・64歳、女性87・74歳(2020年)。100歳以上の人口は9万526人(2022年)で、年々増加しています。現在75歳前後の団塊の世代(約350万人)の平均余命は約13年あり、平均でも88歳頃まで生存することになる。百歳まで生きる確率は高くはないものの、大変な高齢化社会です。

 85歳になった著者が、これから多くの人が遭遇する高齢期を生きる覚悟について書いた本です。「定年」や「年金の支給開始」の先の人生設計は具体的でないのが普通です。無理もありません。いきなり「70歳代・80歳代の生き方をどうするか?」と問われても戸惑うばかりです。世界を見渡してもどこにもそんな長寿社会の生き方のモデルはないからです。

日本経済新聞出版 2017年
858円(税込)
いつき・ひろゆき 1932年福岡県生まれ。朝鮮半島で幼少期を送り、47年引き揚げ。67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞ほか著書多数

 著者は百歳人生に抱く不安は、①経済的変動に対する不安②社会情勢に対する不安③健康問題に対する不安―の三つであるとして、これまでの死生観や人生観を転換し、新しい生き方・哲学を打ち立てようと呼び掛けています。百歳まで寿命が延びることは、人類の歴史の中で「超」がつくほどの大変動であり、この変動期に私たちは遭遇していることへの覚悟を呼び掛けているのです。

 そのため、古来のインドや中国の人生観を紹介し、年齢の区分ごとの考え方を紹介します。10年ごとに区切りをつけ目標を設定します。50歳代は「高齢期の事はじめ」長い下り坂を歩く覚悟を。60歳代「再起動」孤独の中で見えてくるもの。70歳代「黄金期」学びの楽しさに目覚める。80歳代「自分ファースト」嫌われる勇気を。90歳代「妄想の時」郷愁の世界に遊ぶ、等々です。作者の想像力に感心します。

 古来の考え方の紹介だけでなく、最近の文献の紹介も行っています。世界的ベストセラーになった「サピエンス全史」や「ライフシフト―100年時代の人生戦略」です。また、親鸞や法然といった宗教者、各界の知識人などの考え方を整理し、豊富な知見を紹介しています。気楽に読んでためになる1冊です。(松原定雄・ライター)

〈東京民報2023年4月16日号から〉

関連記事

最近の記事

  1. ① 発がん性物質PFAS「都は汚染源特定し対策を」多摩地域 都調査で21自治体検出 ② 日比…
  2.  9月17日から一週間、パリを訪れました。昨年11月、フランス大使館から連絡があり、同国外務省主催…
  3.  岸田内閣の首相補佐官に15日、国民民主党の元参院議員で、同党の副代表を務めた矢田稚子氏が就任しま…
  4.  株式会社東京民報社の第51期定時株主総会が9月22日、港区内で開かれ、事業報告や決算報告などが原…
  5.  急激な物価高や光熱費の高騰が国民生活を侵食し疲弊させているにもかかわらず、政府与党は効果的な施策…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

10月1日の制度開始が目前に迫ったインボイスに反対する、52万人超の署名の受け取りを岸田文雄首相に求める集会が9月25日、開かれました。インボイス制度を考えるフリーランスの会(STOP! インボイス)が主催。1000人以上が参加し、オンラインでも同時配信されました。
#日本共産党 の #山添拓 参院議員が9月17日から1週間、フランス・パリを訪れました。フランス外務省主催で毎年、世界各国から75人を招待する「将来を担う人材招聘プログラム」の対象となったもの。連載コラム「未来を拓く」特別編として寄稿してもらいました。
#日本共産党都議団 は9月20日、多数の樹木を伐採する #神宮外苑再開発(新宿、渋谷区)で、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関 #イコモス(国際記念物遺跡会議)が再開発撤回を求める「ヘリテージ・アラート」発令などを受け、改めて秩父宮ラグビー場の移転建て替えを中止し、現在地での再整備を検討するよう盛山正仁文部科学相と日本スポーツ振興センター(JSC)あてに申し入れました。
#新宿区 は8日、#明治神宮外苑 の再開発事業者が申請した25本の樹木伐採を許可しました。このことに対し市民グループ「#未来に子どもたちの笑顔をつくる神宮外苑を考える会」は12日、新宿区役所前で抗議のスタンディングを行い、約40人が参加。#神宮外苑 をテーマにした #サザンオールスターズ の曲「#Relay ~ #杜の詩」を合唱し、「かけがえのない日本と地域の宝、神宮外苑を壊さないで」と訴えました。
環境省が東京電力福島第1原発事故で発生した汚染土を、#新宿御苑(新宿区内藤町)の花壇で「再生利用」する実証事業を計画している問題で、#日本共産党 議員や住民らは14日、環境省から直近の状況説明を受けるとともに、実証事業を強行しないよう求めました。
政府が10月から導入をねらう「#インボイス(適格請求書)」制度を止めようと、#日本共産党 の #小池晃 参院議員・書記局長とさまざまな分野のクリエーターらが語り合う懇談企画が14日、ネット中継されました。品川区議会で、インボイス延期の請願に取り組んだ「#品川フリーランスの会」が主催したもの。声優やイラストレーター、写真家、演劇人などが、小池氏と語り合いました。
ページ上部へ戻る