インボイスは中止! 4年ぶりの雷大行進〈2023年9月17日号〉

ちんどん屋の演奏を先頭に浅草をパレードする2023世直し雷大行進の参加者=10日、台東区

 世直し雷大行進実行委員会が10日、インボイス制度の導入の中止・延期、消費税の減税などを求めて、台東区の花川戸公園で集会を行い、国内外の観光客で賑わう浅草寺周辺を約800人がパレードしました。

 同実行委員会は、足立、葛飾、江戸川、江東、墨田、荒川、台東の東部7区の業者団体と労働組合で結成されています。

 消費税が導入された1989年から廃止を求める雷大行進を行っています。コロナ禍の中断を経て、4年ぶり18回目の開催です。

 集会で、実行委員長の田中茂さん(足立西民商副会長)は「消費税導入から34年、賃金が上がらない国になってしまった。社会が直面する少子化解決には、若い人たちにまともな賃金を払うしかないのに、それもせずインボイスなど、とんでもない。応能負担の原則を守らせよう」とあいさつしました。

 来賓の日本共産党の宮本徹衆院議員は、国会で財務省が「インボイスは複数税率導入後の適切な課税のために必要」と答弁したと語り、「複数税率が多段階に存在している諸外国でインボイスは導入されている。つまり消費税率引き上げに向けての地ならしだ」と告発しました。

 下町人間の会理事長の川杉元延さんは、「会の芸能・文化に関わる人たちは年収1000万円以下の個人事業者がほとんど。インボイス導入で、登録か廃業かを悩んでいる。小規模事業者いじめだ」と語りました。

 ちんどん屋の賑やかな音楽に合わせてアピールした参加者は、各地域でインボイスの危険性を訴え、中止・延期に追い込もうと決意を固めました。

 日本共産党の斉藤まりこ、原純子両都議のほか、各区の区議、れいわ新選組の国会議員、区議も参加しました。

東京民報2023年9月17日号より

関連記事

最近の記事

  1.  国土交通省は、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日の閣議決定)で、羽田空港での…
  2.  超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に…
  3.  日本共産党都議団は12日、米軍横田基地に核搭載可能な米空軍のB52H戦略爆撃機が飛来したことに対…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 共闘で金権の根を断とう 東京15区補選28日投票 運営…
  5.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る