英スピテスト「丸聞こえ。簡単に解けた」議連、保護者ら状況調査〈2023年12月17日号〉

 東京都教育委員会が11月に実施した中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)の実施状況について、同テストを都立高校入試に活用しないよう求めてきた専門家や保護者の団体、都議会議員連盟が5日、都庁で開いた記者会見で調査結果を発表しました。昨年実施の同テストと同様に、受験生に周囲の解答する音声が聞こえたことが明らかになり、「改善しがたく公平・公正性が確保できない問題がある」として、改めて入試活用の中止を訴えました。

英語スピーキングテスト入試活用の中止を訴える都議、専門家ら=5日、都庁

 「声がでかい人がいて、めっちゃ聞こえてしまいました」「10秒くらい待ってから始めたが、周りの声が丸聞こえ。とても簡単に解けた」。アンケートに寄せられた受験生の声です。

 同テストは教育産業大手のベネッセが11月26日に都立学校や民間施設など227カ所で実施し、都内公立中学3年生約7万人が受験。議連などがインターネットで行ったアンケートには、受験生198人と保護者ら266人が回答しました。

 都教委は「教室の人数を昨年の30人から28人に減らす」などの対策をとったといいますが、試験中「まわりの生徒が何を言っているかがわかった」との回答は、86件にものぼりました。

 調査を受けて、中学3年生の保護者は「カンニングができる状態のテストを、入試に使わないでください」とコメント。議連事務局長で日本共産党のとや英津子都議は、周囲の回答が聞こえる問題について「請け負う民間業者が変更になっても、現在のテスト形式を続ける限り解決できない」と強調しました。

 またアンケートの自由記述には、防音のためにヘッドフォンの形をした両耳を覆う「イヤーマフ」の装着について、「きつくて痛かった」「耳が本当に痛い。全然集中できないくらい痛かった」など、同器具に関することが76件もありました。とや都議は「生徒は苦痛があっても試験中はイヤーマフを直すことができず、人権侵害といえる深刻な状況」だと指摘しました。

東京民報2023年12月17日号より

関連記事

最近の記事

  1. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  3.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  4. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  5. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る