【書評】資本主義のほころび懸念も 新聞各紙の元旦社説〈1月23日号より〉

 新聞各紙の元旦号社説を読み比べました。各紙なりのカラーが読み取れます。そのダイジェスト・寸評を紹介します。

○しんぶん赤旗―「コロナ過は日本と世界の矛盾を浮き彫りにし、岸田政権は課題への対処能力を欠いている」と指摘。「軍縮で得た費用をコロナパンデミック・気候変動対策、世界の貧困対策に配分せよ」というノーベル賞受賞者らの呼びかけに背を向ける岸田政権に、草の根運動で政権交代を呼び掛けています。

○日本経済新聞―「資本主義を鍛えなおす年にしよう」。コロナ禍でのひずみ、制度疲労が目立つ資本主義のほころびを繕う改革が重要とします。主張はもっともだが岸田政権の「新しい資本主義」への批判はありません。

○朝日新聞―巨大IT企業を国家に匹敵する「新たな統治者」と警鐘。個人情報を蓄積し、個人の人生に影響を与える巨大企業の支配を批判したのは慧眼です。しかし、政府のIT化が巨大な企業利益と税金の無駄を生んでいることの批判が弱い。

○毎日新聞―「民主主義への逆風が強ま」っていると内外の権威主義の強まりに危機感を表明。権威主義は民主主義国の内部にも、と指摘し、政府の沖縄辺野古の基地建設強行を批判します。参院選では市民と政治をつなぐ民主主義の力が試されると期待を表明。真っ当な主張です。

○読売新聞―「『平和の方法』と行動が問われる」台湾等の有事は中国の重大な損失となることを認識させねばならないと「脅し」を主張。東アジアの緊張を高める主張です。国内的には、「新しい資本主義」の正念場がこの夏の参院選だとして政権を応援しています。

○産経新聞―「さらば『おめでたい憲法』よ」。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」「国民の安全を図ろう」という日本国憲法の前文を「おめでたい」と決めつけ「もういらない」と吐き捨てる。「壊憲」意図むき出しの社説です。

○東京新聞―「『ほどほど』という叡智」と題し温室効果ガスも地球の平均気温のためには「多すぎても、少なすぎても」だめで「ほどほど」がいい、と。現在の深刻な地球環境の問題を真剣に考えた結果とは思えない、危機感を欠いた社説です。(松原定雄・フリーライター)

(東京民報2022年1月23日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  国土交通省は、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日の閣議決定)で、羽田空港での…
  2.  超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に…
  3.  日本共産党都議団は12日、米軍横田基地に核搭載可能な米空軍のB52H戦略爆撃機が飛来したことに対…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 共闘で金権の根を断とう 東京15区補選28日投票 運営…
  5.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る