清瀬市長選に池田いづみ氏/市議補選に藤本いせ子氏〈2022年4月3日号より〉

池田いづみ氏

 清瀬市長選が3月27日に告示(3日投票)され、「『みんなが主役』市民の会—夢をカタチに」の池田いづみ氏(74)=無新、日本共産党、社民党、緑の党、「共に生きる」推薦=が立候補しました。池田氏は、市民の声を聞く市政の実現や、小学校の統廃合計画見直しなどを訴えています。

 日本共産党の宮本徹衆院議員、立憲民主党の阿部知子衆院議員、元日弁連会長の宇都宮健児氏らが、池田氏の応援に立ちました。

 市長選は、前市長の死去に伴うもの。池田氏と渋谷桂司氏(48)=無新、自民党、公明党推薦=の一騎打ちです。

藤本いせ子氏

 市長選と同日に行われる清瀬市議補選(3日投票、被改選数2)には、元教員で日本共産党の藤本いせ子氏(72)=新=が立候補しました。

 藤本氏は、「共産党市議団の議席を5から6議席に伸ばし、小学校の統廃合中止、少人数学級の実現を」と訴えています。

 市議補選は、藤本氏と自民党推薦の新人2氏の争いです。

〈2022年4月3日号より〉

関連記事

最近の記事

  1. ① イチョウの一部で枯れ 神宮外苑 日本イコモスが調査 再開発で危機深まる ② 英スピテスト…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 「安心して飲める水に」PFAS汚染 多摩で自主的血液検査 …
  3. 質問内容を紹介するミニ動画より  11月27日、東京都は都内の公立中学校3年生、8万人を対象…
  4.  「料金を滞納して電気やガスが止まった家庭でも、水道はギリギリまで止めない」―以前、複数の都の職員…
  5.  「聞こえの支援は人権問題」との考えから、主に高齢者を対象に補聴器購入への補助制度が広がっています…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る