【書評】暴力根絶など発展願う直言 『「切り札」山下泰裕は日本柔道界を変革できるか』 木村秀和 著〈1月23日号より〉

 30年余、柔道記者として第一線で活動してきた著者の日本柔道界の変革を願っての直言集です。

 「遠ざけられている山口香」など著名な柔道家の話も豊富で飽きさせない文章はさすがです。

 日本の柔道人口は年々減少し、ついに10万人台を割ろうとしています。

本の泉社 2021年
1300円(税込)
きむら・ひでかず 1942年生まれ。1991年から2019年まで主に月刊誌『近代柔道』を舞台に柔道界を取材

 その主要な要因は柔道界の体質にあり、柔道界には、暴力・体罰、男女差別など根本的解決が求められる問題点が横たわっています。

 特に暴力根絶は、柔道界にとって喫緊の課題です。しかし、著者は柔道界が「暴力根絶宣言」を表明するものの、「指導」の言葉の陰に隠れた暴力容認とペナルティーの軽さなど、実態は相反していることを具体的事実で明らかにしています。

 著者はその要因の一つは、山下泰裕全日本柔道連盟(全柔連)会長自身にあると指摘しています。

 山下会長は柔道界変革の「切り札」と言われています。山下泰裕はモスクワ五輪ボイコットの時、アメリカの圧力に屈した日本政府に対して、「日本は自らの意思によって態度を決めるのが本来の在り方」と悔しさと憤りの気持ちを表明していました。

 著者は「彼の若いときに感じた清新の気は今は感じたくても感じ取れなくなっている」と指摘します。

関連記事

最近の記事

  1. 東京15区 補選に小堤氏  公職選挙法違反の罪で起訴された柿沢未途被告=自民党を離党=の辞職…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 新空港線 無謀な着工、見合わせて 800メートルに1…
  3. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  4.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  5.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る