神宮外苑再開発「白紙で再検討を」署名8万人分を都に提出〈2022年6月12日号〉

署名を提出後、記者会見するロッシェル・カップさん=2日、新宿区

 樹齢100年を含む約1000本の樹木が伐採される神宮外苑地区(新宿区、渋谷区、港区)の再開発計画問題で、計画見直しを求めるネット署名(Change.org) を呼びかける経営コンサルタント会社社長のロッシェル・カップさん(中央区在住)は2日、累計8万1422人分の署名と要望書を小池百合子知事宛てに提出しました。2月から呼びかけたもので、3月に5万人分を提出しており、その後も賛同者が広がっています。

 カップ氏は記者会見で、小池知事が三井不動産など事業を担う4者に対し、都民の共感と参画を得るよう要請したことについて「呼びかけるタイミングは遅すぎた。知事自身が承認し、ここまで固められた計画にどのような参画ができるのか」と指摘。再開発計画が強行されれば「神宮外苑を破壊した都知事」として都民の記憶に残るとして、一旦立ち止まって計画をゼロベースで見直し、「知事の呼びかけで事業者、都市計画や環境問題の専門家、都民を集めてオープンな協議の場を作っていただきたい」と訴えました。

 また、一般市民が利用できる軟式野球場やゴルフ練習場、フットサルコートなど公益性が高いスポーツ施設が廃止されるのは、「誰もが親しめるスポーツクラスター」の目標と矛盾すると批判。それらの代替施設の提案を含めた再考や、改築が計画される神宮球場とラグビー場の改修工事の検討、樹木やイチョウ並木を守るための慎重な調査などを求めました。

 カップ氏は同日、計画事業者の明治神宮、日本スポーツ振興センター、三井不動産、伊藤忠商事にも要望書を提出しました。

〈東京民報2022年6月12日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る