◇2023統一地方選 共産党予定候補 挑戦への思い◇ 多様性認め、働ける社会に「正規・非正規9社を経験した私だから」新宿区 杉山直子さん〈2022年9月11日号〉

 「政治に関心のない、ダメな若者でした」。苦笑しながらこう語るのは、来春の新宿区議選に日本共産党(現有7人)から出馬を予定する杉山直子さん(47)です。そんな杉山さんが日本共産党と出会ったのは国会前。40歳の頃で、人生が大きく変わる出発点となった特別の場所となりました。

▼杉山直子(すぎやま・なおこ)さんの略歴 1975年三鷹市生まれ、八王子市で育つ。立教女学院高校、一橋大学法学部卒。同大学院(専攻・国際私法)を中退し、フリーライターに。正社員と派遣社員を繰り返し、勤めた会社は9社。2005年から新宿区在住。パートナーと二人暮らし。趣味はロックバンドのライブ鑑賞、日曜大工。現在、日本共産党新宿地区の環境・くらし相談室長

 教育熱心な家庭に育ち、国語と英語が得意で、家から近いという理由で一橋大学法学部を受験し、みごと合格。ところが時代は「就職氷河期」で、就職先はなかなか見つかりませんでした。

 大学院に進学した杉山さんは、母親や祖母が着ていた着物を、和服の決まりごとに縛られず自由に着る、趣味のブログが出版社の目にとまり、『はじめての私の着物』(河出書房)を出版することに。一橋大学法学研究科(大学院)を退学し、着物やハンドメードなどのテーマで寄稿する、フリーライターになります。

自然と共生する地域社会に 

 ところが執筆業だけでは食べていけず、派遣OLとして経理事務の仕事に就きました。派遣先で正社員になることもありましたが、合理化や倒産で派遣に逆戻りすることもたびたびで、9社以上の職場を経験。「連休が近づくと非正規は収入減に直結するので、節約に悩みました。休みはあまりうれしくなかった」

 生活が安定する正社員になりたいと就職活動もしましたが、「人事担当から『大学院まで行っているのに』などと言われてしまい、つまずいてる感がありましたね」と振り返ります。

 そんなある日、ふと目にとまったブログがありました。アメリカの若い女性が手のひらに乗せたガラス瓶に、彼女が出した1年分のごみが収まっていました。地球環境を守るために、ごみ自体を出さない生活スタイル、「ゼロウェイスト」です。

 「カルチャーショックでした。私もやってみたいと思いました。洋服は古着、包装した商品はできるだけ買わない、生ごみは堆肥に。ニューヨークでやれていることを新宿でもと、区に提案しても『やりません』の回答ばかり。もう少し自分に提案力があったらと、歯がゆい思いをしました」

戦争法で国会へ

 そんなもやもやした思いから「週刊金曜日」(広告料に頼らない独立系週刊誌)を読むようになっていました。そして15年夏。安全保障関連法案(安保法制)が衆院に提出されたことを知りました。「まさか日本で戦争ができる法案が出てくるなんて、想像もしていませんでした」

 衝撃を受けた杉山さんは、国会前の集会やデモに日参するように。そこで「しんぶん赤旗」日曜版の見本紙を受け取ります。日本共産党と出会った瞬間でした。法案可決の翌日、共産党は「国民連合政府をつくって安保法制を廃止しよう」と呼びかけました。「こんなにも素早く実行に移してくれる政党は、応援しないといけない」。感動した杉山さんは「赤旗」日曜版を申し込みました。

関連記事

最近の記事

  1.  東京都が防災性の向上を名目に、2025年度までに全線整備を狙う都市計画道路「特定整備路線」(28…
  2.  今年1月に羽田空港で起きたJAL機と海上保安庁機の衝突事故では、機体が炎上し全損となる中で乗客を…
  3.  西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進められている再開発事業(練馬区石神井町3丁目地内)をめぐり、…
  4. 多くの宗教者が集まった意見交換会=16日、千代田区  仏教、キリスト教、神道などの宗教者で構…
  5.  日本共産党都委員会は15日、金権腐敗政治の一掃を求める国会請願署名の提出行動に取り組みました。企…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る