【 #Web東京民報 連載】22 執筆活動の原動力、鹽原昌之助・やす夫妻

 喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ上の姉と兄は夭折)。金之助は「子としての待遇を与へ」られないまま、四谷の古物商の家に里子に出されたが、軒先のお鉢の中に入れられていたような状態らしく、すぐに戻される。『我輩ハ猫デアル』の冒頭部分に「どこで生まれたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャーと泣いて居た事丈は記憶している」とある。続いて猫は「書生という人間の中で一番獰悪(どうあく)な種族」を見るのであるが、その「書生」というのは、1歳の時に養父となった鹽原昌之助が念頭にあったと思われる。昌之助は夏目家に書生として仕え、小兵衛の仲立ちでやはり夏目家に奉仕していた、やすと結婚していた。猫の述懐は「書生といふのは時々我々を捕らへて煮て食」ったらしいが「其当時は何といふ考えもなかった」と続き、やはりまだ記憶の定まらない、乳児期の原体験が反映されているのであろう。

 行政区の度重なる変更、昌之助の女性問題などで、一時は養母やすとともに夏目家に戻るなど、金之助は住まいを目まぐるしく変え、養父母の離婚により昌之助のもとに戻され、離婚の原因となった相手、日野かつとその子れんと暮らした。昌之助には、れんと金之助を一緒にさせる考えがあったとする説もあるが、養家に身の置き所のない金之助は鹽原姓のまま夏目家に戻った。正岡常規(子規)への書簡(明治28〈1895〉年12月18日)で、「…小児の時分より『ドメスチック ハッピネス』などいふ言は度外に付しをり候へば、今更ほしくも無之候」と書いているように、家庭環境には恵まれなかった。

太宗寺の金銅仏(新宿区新宿) 小説『道草』の第三十八章には、主人公健三が引っ越した家の二階の格子からこの「唐金の仏様」を見たり、ときに錫杖の柄につかまってよじ登ったことが記されている。太宗寺は高遠藩内藤家の菩提寺で浄土宗。地蔵菩薩坐像は正徳二(1712)年の作で、江戸六地蔵のひとつ。

 父小兵衛の態度が変わったのは、上の二人の兄が相次いで病死してからで、夏目家を継げるのが三男の直矩だけになったため、小兵衛は金之助の鹽原姓からの復籍を急いだ。小兵衛は昌之助・かつに対して、金之助の「養育料」として240円を支払うことで合意し、内170円は一括で、残り70円は毎月3円ずつ払うことになった(明治21年1月)。後に昌之助は「互に不実不人情に相成候はざる様致度存候也」という文言を盾に金銭を要求、明治42年に更に100円を支払って「金銭上ノ依頼ハ勿論其他一切之関係ヲ斷絶」することができた。

 一方のおやすは酒屋の後家に入り、熊本に赴任した金之助に長い手紙を送って、如何に自分が身を粉にして面倒みてやったのかをとうとうと説いた。金之助が修善寺で血を吐いた頃、一年に一度ぐらいはやって来て、少々の小遣いを金之助が渡したようである(夏目鏡子述『漱石の思い出』)。

 幼少期の養父母との暮らしや、昌之助が人を立てて金銭をせびろうとする経緯は『道草』の中につぶさに描かれている。

(いけうち・としお 日本文化・文学研究家)

〈東京民報 2020年12月6日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  2. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  3. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…
  4.  日本共産党は11日、池袋駅で衆院選の東京の予定候補が勢ぞろいする街頭演説会を開きました。田村智子…
  5.  全国労働組合総連合(全労連)は4月に、アメリカ・シカゴで開かれた労働運動の交流会議「レイバーノー…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る