東京から全国へ食べられる花を エディブルフラワー生産者 立川市 網野信一さん

 日本ではこれまで食用菊や桜の花などを利用した季節を感じさせる和食の文化が根付いています。桜の花の塩漬けを用いた桜湯などを思い浮かべる方も多いことでしょう。近年ではサラダやケーキに彩りを添える食用花の種類も多く見られるようになり、エディブルフラワーと呼ばれ注目を集めています。ホテルや飲食店、洋菓子店などで色とりどりの花を見かける機会も増えています。東京で唯一のエディブルフラワー生産者のあみちゃんファーム代表取締役の網野信一さん(37)を訪ねました。

自分にしかできない農業にひたむきに取り組む網野さん 写真・五味明憲

 立川駅からバスで10分、住宅が広がる中に50アールの農地を有するあみちゃんファームで、エディブルフラワーは見事に咲き誇っていました。今の時期はキンギョソウ、ストック、ベゴニア、ナスタチウム、なでしこが盛りだと言います。その横には母の日に向けてエディブル用のカーネーションも花を咲かせるようにスタンバイ中です。エディブルフラワーと観賞用の花の違いは農薬とのこと。「植物に毒性がないのは当然ですが、残留農薬がないこと、安心・安全が一番です。季節の花を自然に近い形で育てています。花はビタミンやミネラルが豊富なんですよ」と網野さん。

ていねいに下処理を済ませて鮮度を保ったまま届けます

 あみちゃんファームからは年間約20種類の花が北は青森から南は九州まで、イタリアンやフレンチのレストラン、ホテルなどに、クール便で送られていきます。網野さんは、ひと花ずつ丁寧に摘み取り、ピンセットでおしべを取り除いて刷毛で花粉と汚れを落として1日あたり50パックほどパッキングします。

 出荷準備は午前中の3時間で、「夏は摘んだらさっと洗って冷蔵庫に保管してパッキングします。シャキッとさせて水分を含ませておきます」。季節ごとにも気を使うと語ります。「冬が盛りのビオラは乾燥が大敵です。ビニールハウスで15~20℃に管理しています」と、デリケートな花を季節ごとに美しい形で送り出す工夫は自身で試行錯誤して身に付けたものです。

地産地消の取り組みも

 祖父、父と続く農家で育った網野さんは高校卒業後、就農するつもりだったと振り返ります。「父に外で働く経験が大切」と言われ、清涼飲料水の自動販売機補充員を経験。東京都の農業試験場での勤務と農業の兼業を経て、専業農家になりました。試験場での勤務時にエディブルフラワーの存在を知り、それが栽培に至るきっかけになりました。

エディブルフラワーを卸す、洋菓子店ハルミエール。三宅善秋シェフの確かな腕で生み出されたケーキは目と舌から幸せな気分に誘います

関連記事

最近の記事

  1. 東京15区 補選に小堤氏  公職選挙法違反の罪で起訴された柿沢未途被告=自民党を離党=の辞職…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 新空港線 無謀な着工、見合わせて 800メートルに1…
  3. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  4.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  5.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る