紙芝居で平和の交流広げ まついのりこさんの足跡〈2024年1月21日号〉

 絵本・紙芝居作家のまついのりこさん(1934‐2017年)の足跡や業績を伝える初の伝記「まついのりこ~知らない土地も愛することでやがてふるさとになる~」が、ベトナムの出版社から昨年刊行されました。のりこさんは、ベトナムでの紙芝居文化の普及活動に長年取り組み、共感を広げたのが出版のきっかけになりました。(松橋隆司)

ベトナム語と日本語で書かれた伝記

ベトナムの出版社が刊行

 著者のブァン・タイン・レさんは、1986年生まれの若い作家。のりこさんの活動を支えたキム・ドン出版社に勤務しています。伝記は、ベトナム語版と日本語版を一冊にしたユニークな本です。日本語版は、翻訳家の樋口ホアさんが訳しました。

サイゴン川に散骨

 本書は冒頭で、長女で壁画家の松井エイコさんと次女でパントマイミストの松井朝子さんが2019年6月、クチトンネル戦跡を流れるサイゴン川で父・幹夫さんと母・のりこさんの遺灰を散骨したことを紹介しています。エイコさんはこの時の気持ちを「紙芝居文化の会」の会報で「アメリカの侵略に屈することなく戦い抜いたベトナムの人々とのりこさんがずっと共にいてほしかったのだ」と記しており、ベトナムへの平和を願う気持ちの深さがわかります。

のりこさんの紙芝居を持つ朝子さん(左)とベトナムの紙芝居を持つエイコさん
紙芝居への取り組み

 のりこさんは、長女のエイコさんが4歳の時、美術教師を退職し、「絵画について学びたい」と28歳で武蔵野美術大学へ進学する決断をしています。

 当初取り組んだ絵本で多くの業績を上げた後、80年代、46歳の時から紙芝居作品の創作に取り組みます。その一つ「おおきくおおきくおおきくなあれ」は、紙芝居作家・高橋五山を顕彰した賞を受賞。この作品や「ごきげんのわるいコックさん」が、外国でも評判になりました。

 紙芝居の理論についても研究し98年、64歳の時に、「紙芝居・共感のよろこび」を刊行、この理論に基づき日本全国で紙芝居講座を開き、01年に創立された「紙芝居文化の会」の代表を12年務めました。

「素晴らしい文化だ」

 彼女は、「児童書出版研修講座コース」の講師として91年、文化や出版の関係者が集まる中で、紙芝居を演じ、会場を大きく沸かしました。会場にいたキム・ドン出版社のグエン・タン・ブ社長は「これは素晴らしい文化だ。ベトナムの作家によって紙芝居をつくり出版しよう。ベトナム全土に普及しよう」と呼びかけ、拍手が沸き起こりました。この時を、著者は「ベトナムの紙芝居がその第一歩を歩みだした」のだと書いています。

 その後、「紙芝居研修講座」が開かれベトナム人の作品が次々出版され、「太陽はどこからでるの」などの作品が、童心社から出版されています。今は「ベトナム紙芝居の会」と日本の「紙芝居文化の会」が交流しています。

世界に広がる

 「紙芝居文化の会」は、世界55カ国に会員が広がっています。

 日本独自の文化として発展した紙芝居が、なぜ世界に広がっているのか。それは「共感の感性」を育むからです。

 エイコさんが紙芝居を記者の前で演じてくれました。演じ手は画面をもとに、問いかけ、演じ手と観客の相互作用で高揚感が生まれ、画面を1枚1枚抜くときのワクワク感を実感しました。

 本はクレヨンハウス東京店で、2200円で販売しています。問い合わせは 0422(27)2114

東京民報2024年1月21日号より

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る