声聴く都政、実現しよう 都知事選 共闘求めキックオフ集会〈2024年2月4日号〉

 今年夏の都知事選(6月20日告示、7月7日投票)まで5カ月と迫るなか、「市民と野党の共闘で都政を変えよう」とキックオフ都民集会が1月24日、中野区の中野ゼロ大ホールで開かれました。実行委員会の主催で、地域で共闘に取り組むさまざまな団体や、都民、各政党の代表らが都政を変える決意を語り熱気に包まれました。

都政の転換を求め、アピールする各党代表とリレートーク参加者ら=1月24日、中野区

 都知事選での共闘を訴える「呼びかけ人会議」の五十嵐仁・法政大学名誉教授が開会あいさつ。前回2020年の都知事選候補者、宇都宮健児弁護士が連帯あいさつしたほか、各分野の市民らがスピーチしました。その後、参加した日本共産党の小池晃書記局長・参院議員、立憲民主党の塩村文夏参院議員、社民党の伊地智恭子都連幹事長・多摩市議、新社会党の福田光一都本部委員長・北区議、緑の党の漢人明子都本部共同代表・都議、東京・生活者ネットの山内玲子代表委員の各党代表が決意を表明しました。

 立憲民主党の塩村氏は、小池都政が進めた学校給食費支援などの施策は、「野党の政策と、都民の力で動かしてきたもの」と指摘。「野党がしっかり連携して、税金の再配分の機能を発揮し、都民の願いをかなえる都政を実現したい」と語りました。

 共産党の小池氏は「小池都政の問題点は、第一に『経済界ファースト』、第二に『都民の意見を聴かないこと』、三つ目に『都民の暮らしに無関心なこと』。こんな都政を続けるわけにいかない」と批判。「東京では、市民の大きな運動を背景に、市民と野党の共闘で、全国の最先端を走っている。都知事選でも、共闘を大きく広げて、必ず都政と都知事を変えよう」と強調しました。

都民の手に都政取り戻そう 

キックオフ集会 各分野からリレートーク

決意表明する小池晃日本共産党書記局長と野党各党の代表=1月24 日、中野区

 「呼びかけ人会議」の五十嵐仁・法政大名誉教授は、「能登半島地震で、公共がいかに大切か、改めて痛感させられた。新自由主義のもとで、公務員減らしや民営化など公共の役割が低下させられてきた。小池都政を転換し、私たちの命や生活、営業を守る都政を実現しよう」と開会あいさつ。あわせて、「政治とカネの問題で混迷を極める岸田政権にノーを突き付け、国政を変える大きな波を東京から起こそう」と呼びかけました。

 前回都知事選に立候補した宇都宮健児弁護士は、「都知事選での市民と野党の共闘が、その後の都議選や各種選挙での共闘の前進につながった。また、都知事選で公約した高校授業料無償化や、パートナーシップ制度導入などが、都議会論戦や都民の運動を通じて実現してきた。都知事選をたたかった意義を改めて感じる」と紹介。五輪汚職や、神宮外苑再開発、PFAS(有機フッ素化合物)汚染への対応、カジノ誘致など都政の抱える様々な問題点を挙げ、「貧困と格差が広がる今、都民の手に都政を取り戻す運動に全力で取り組もう」と連帯あいさつしました。

 各分野の運動団体や、市民から、15団体・個人がリレートーク。住民の声を無視した道路建設や都市開発、平和、労働、教育、多摩格差など、各分野で運動に取り組む人たちが発言しました。

 保育園園長の根本春野さんは、「東京では規制緩和のもと、多くの園ができたが、園庭がなかったり、人件費が削られて保育士が辞めてしまうなど、多くの問題がある。都政を変えたい」と訴え。小池知事が独立行政法人化した都立病院に働く保育士は、「労働条件が悪化して看護師が退職し、病床や診療科が閉鎖されている。もとの都立病院に戻すため戦いたい」と語りました。

 気候危機などの問題に取り組む若者も登壇。環境アクティビストで大学生の黒部睦さんは、「気候やジェンダーなど、さまざまな問題の背景には、不公正な社会構造がある。構造を変えるための議論の場に、多様な性の人や若い世代が加われるようにすることが、解決の糸口になる。誰もが自分の声が政治に反映させることができると希望が持てる政治を求めていこう」と呼びかけ。新日本婦人の会東京都本部の佐久間千絵さんは、新宿歌舞伎町に集まる「トー横キッズ」と呼ばれる若者の現状を紹介し、「家にも学校にも居場所がない子どもたちが、性搾取に遭ったり、薬の過剰摂取で病院に運ばれている。包括的性教育を進め、性搾取のない東京をつくりたい」と語りました。

東京民報2024年2月4日号より

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る