羽田新ルート「固定化回避」を巡り議論 国会議連が再度聞き取り〈2024年4月21日号〉

 超党派議員の国会議員でつくる「羽田低空飛行見直しのための議員連盟」は11日、国土交通省から先月に続き再度、聞き取りを行いました。関係議員や住民など約50人が参加しました。

あいさつする議連会長の海江田氏=11日、千代田区

 前回(3月18日)では、羽田新ルートの「固定化回避の技術的検討会」が、1年7カ月も開かれていない理由や次回会議の見通しなどの説明が求められたのに国側はほとんど答えず、強い批判が出ていました。

 今回は、連盟会長の海江田万里衆院議員(立憲)や、事務局長の松原仁衆院議員(無所属)が、前回の不本意な経過に触れ、改めて国側に誠意ある説明を求めました。

 国側は冒頭で、「満足できる回答が出来ず申し訳ない」とのべ、検討会の状況について説明しました。それによると、羽田空港のAとC2本の着陸ルートに同時に飛行機が進入する際の経路逸脱など様々なケースを検討。そのリスク評価を行い、安全を確保できるよう検討しているとしました。しかし、元パイロットの「着陸ルートの直線コースの距離をどの程度で検討しているのか」といった質問や、「次回検討会の見通し」についても回答しませんでした。

 連盟副会長の笠井亮衆院議員(共産)は、宮本徹衆院議員の質問主意書の答弁書で明らかになった航空機の1キロ以上の欠落部品が直近4年間で1798件もあることを紹介し「住民にとって不安は頂点に達している。どう考えているのか」などと質し、検討会を長期に開いてない点を批判しました。

 国側は、運航開始から「4年たったが、落下物はなく、これからも安全運航をしていきたい」と述べました。山添拓参院議員(共産)は「落下物はないというが、新ルートでは確認されてないだけで、欠落部品はどこかに落ちている」と認識をただし、国側も指摘を認めました。山添氏は続いて、羽田で「遅延するケースが続いている」と指摘したのに対し、国側は原因や対策を調査中としました。

 質問と回答がかみ合わなかった問題については、松原氏が事務局に文書で回答を求めました。

 今回は、聞き取りに先立って連盟議員と住民側との短時間の交流会議が開かれました。コンビナート上空の飛行問題などの発言がありました。

東京民報2024年4月21日号より

関連記事

最近の記事

  1.  東京都が防災性の向上を名目に、2025年度までに全線整備を狙う都市計画道路「特定整備路線」(28…
  2.  今年1月に羽田空港で起きたJAL機と海上保安庁機の衝突事故では、機体が炎上し全損となる中で乗客を…
  3.  西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進められている再開発事業(練馬区石神井町3丁目地内)をめぐり、…
  4. 多くの宗教者が集まった意見交換会=16日、千代田区  仏教、キリスト教、神道などの宗教者で構…
  5.  日本共産党都委員会は15日、金権腐敗政治の一掃を求める国会請願署名の提出行動に取り組みました。企…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る