立石駅再開発 高額の土地取得で区に損害 葛飾区民238人が提訴〈2024年4月21日号〉

 葛飾区庁舎の移転を含む京成立石駅北口の再開発事業をめぐり、新たに建築する超高層ビルの床を不当に高い評価額で取得し、区民の財産を損ねたとして、葛飾区民238人が11日、青木克德区長に対し、損害額7億1610万2775円の賠償を求める住民訴訟を東京地裁に起こしました。

記者会見で訴訟の中身について説明する原告と代理人弁護士=11日、千代田区

 葛飾区民241人は今年2月29日、区長に損害賠償請求などの措置を求め、住民監査請求を申し立てました。同区監査委員は、「(土地の代わりに建物の床を取得する)権利変換手続きが、監査請求の対象になる行為ではない」「具体的にどの額が損害になっているのか分からない」として、3月21日付で監査を却下。これを受け、住民は提訴に踏み切りました。

 同再開発事業は、立ち飲み屋などが並ぶ「せんべろの街」として親しまれてきた立石駅北口地区(約2.2ヘクタール)に、地上36階地下2階(高さ約125メートル)の西棟と、地上13階地下3階(高さ約75メートル)の東棟を建てる計画。東棟の1、2階には商業施設など、3~13階に新庁舎が整備される予定です。

 すでにフェンスで囲まれた事業地区は解体作業が進み、にぎわいを見せていた以前の面影はありません。

 訴えによると、区は東棟3階を、土地の対価に代えてビルの床を得る「権利床(けんりしょう)」として、1平方メートル当たり98万8215円の評価額で取得。同棟2階に入る他の事務所は、権利床を1平方メートル当たり45万2234円で得ています。

 通常、商業床は低層階ほど高額ですが、区は2階の倍以上もの評価額に同意し、3階部分に合計1336.06平方メートルの権利床を取得。2階と3階との差額が53万5981円であることから、7億1610万2775円分の権利床を放棄したと、原告側は主張しています。

区の支出が前提に

 提訴後に開かれた記者会見で、原告の今井賢吾氏(70)は、児童相談所を事業用定期借地権の土地に設置する問題など、本案件を含み4件の住民訴訟が区を相手に同時進行しているとして、「他の自治体ではありえないような、イレギュラーな支出が行われている」と強調。「我々の財産が侵害されている」と訴えました。

 登壇した他の原告は、「区の税金で、民間の再開発の穴埋めをしている状況」であり、「住民の負担になる巨大な箱ものを押し付ける地域が、今後もさらに増えるだろう。けん制という意味でも、しっかり追及していきたい」と述べました。

 訴訟代理人の舩尾遼弁護士によると、区は開発事業地に多くの土地を所有する大地主。「区がゴーサインを出し、事業計画が動き出したと理解している」と指摘。原告側は、区が高い価格で保留床(権利床とは別に購入する床)を取得することで成立する計画の可能性があるとして、権利床価格の適切性を争点に、区と争っていく構えです。

東京民報2024年4月21日号より

関連記事

最近の記事

  1.  東京都が防災性の向上を名目に、2025年度までに全線整備を狙う都市計画道路「特定整備路線」(28…
  2.  今年1月に羽田空港で起きたJAL機と海上保安庁機の衝突事故では、機体が炎上し全損となる中で乗客を…
  3.  西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進められている再開発事業(練馬区石神井町3丁目地内)をめぐり、…
  4. 多くの宗教者が集まった意見交換会=16日、千代田区  仏教、キリスト教、神道などの宗教者で構…
  5.  日本共産党都委員会は15日、金権腐敗政治の一掃を求める国会請願署名の提出行動に取り組みました。企…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る