フラッシュ@TokyoWeb版 衆院20区 市民連合結成集会、 府中市議会 生保夏季加算で意見書など〈10月4日号より〉

衆院20区 市民連合結成集会

 衆院選の東京20区市民連合の結成集会が9月20日、東久留米市内で開かれ、名称を「安保法制の廃止と立憲主義を求める市民連合」と改めることを確認しました。

 20区は東久留米、東村山、東大和、武蔵村山、清瀬の5市で構成。総会には各市の呼びかけ人が参加。その一人、広渡清吾東大名誉教授が「命と人間の尊厳を守る政治の実現を」をテーマに記念講演。自公政権を倒して新しい政治をつくり出すために、大きな野党と市民の共同の輪をつくり出すことが大事だと強調しました。

(左から)菅、宮本、広渡の各氏=9月20日、東久留米市

 日本共産党の20区予定候補(比例重複)の宮本徹衆院議員は「コロナ禍で仕事を失いながら懸命に生きている人たちに自助努力を求める政治ではいけない」とのべ、小選挙区で勝ち抜く決意を表明しました。

 応援に駆けつけた立憲民主党の菅直人衆院議員は「今度の選挙は20区の小選挙区で勝つことが政権交代につながる」とのべました。

N国・松田氏 東京高裁が訴え棄却

 昨年4月21日投開票の新宿区議選で当選した「NHKから国民を守る党」の松田美樹氏(32)が、区内での居住実態が認められず被選挙権がなかったとして当選無効とした新宿区と、それを認めた東京都の両選挙管理委員会の決定を不服として取り消しを求めていた裁判で、東京高裁は9月23日、訴えを棄却しました。公選法により区議選は投票日から逆算して3カ月間、区内に住み続けないと立候補の要件を満たしません。

 区選管によると、松田氏は2018年12月、新宿区に転入届を提出。住所として届け出た区内のアパートでは約3か月間にわたって、水道の使用量が0立方メートル、電気の使用量も冷蔵庫の消費電力と同程度しかありませんでした。松田氏は新宿区のアパートへは寝泊まりのために通っており、「居住実態はあった」などと反論していました。

 判決が確定すれば、次点の田中のりひで氏(日本共産党)が繰り上げ当選となりますが、松田氏は最高裁に上告するとしています。

府中市議会 生保夏季加算で意見書

 府中市議会第3回定例会は9月30日、最終本会議を開き、「生活保護制度に夏季加算を新設する意見書」を全会一致で可決しました。

 コロナ禍の猛暑で熱中症による死亡者が170人(8月23日現在)も出ているもとで、冬の暖房費にあたる「冬季加算」と同様に、クーラーの電気代補助として「夏季加算の新設」を求めるもの。府中生活と健康を守る会が提出した陳状採択を受けてのもの。陳情には共産党市議団や市民フォーラム(立憲など)、公明、生活者ネットなどが賛成しましたが、自民党は反対しました。

(東京民報2020年10月4日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  東京都が防災性の向上を名目に、2025年度までに全線整備を狙う都市計画道路「特定整備路線」(28…
  2.  今年1月に羽田空港で起きたJAL機と海上保安庁機の衝突事故では、機体が炎上し全損となる中で乗客を…
  3.  西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進められている再開発事業(練馬区石神井町3丁目地内)をめぐり、…
  4. 多くの宗教者が集まった意見交換会=16日、千代田区  仏教、キリスト教、神道などの宗教者で構…
  5.  日本共産党都委員会は15日、金権腐敗政治の一掃を求める国会請願署名の提出行動に取り組みました。企…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る