被災地の苦しみを知って 苦難解決が政治の役割 〈3月14日号より〉

 2011年の東日本大震災から、3月11日で10年を迎えるなか、2月28日、被災地の現在を考えようというイベントが、大田区萩中のギャラリー結で開かれました。

 「私はランドセル。あいちゃんが、6年間使ったランドセル。あの日、あいちゃんが、おじいちゃんとおばあちゃんに連れられて避難所へ行った日から、私はずっとソファーの上で帰りを待っています」

 写真絵本「私はあいちゃんのランドセル」をつくった写真家の菊池和子さんが、ピアノに合わせて同書を朗読します。

 菊池さんは、東日本大震災の被災地に通い続け、写真集や本にまとめてきました。

 「原発が60基もある日本の現状を多くの世代に考えてほしい」と、15枚の福島の写真と、そこに写った「もの」の一人語りでつくった写真絵本が同書です。

写真絵本を朗読する菊池さん=2月28日、大田区

 「ぼくは黒い袋」という言葉で始まるのは、除染された土や砂を入れたフレコンバッグの独り言。 「江戸時代から冷害に苦しむ地域で、代々、必死につくりあげた田や畑の土が、ゴミとして捨てられる。農家の人たちは、どんな思いでしょうか」―菊池さんが訴えます。

 卒業式の日に震災が起こり学校に放置されて数年ぶりに弾かれたピアノ、震災で継承が難しくなった福島各地の伝統芸能の写真、取り壊された家の庭の桜、さまざまな「もの」たちの言葉が福島で起きたことを伝えます。

 イベントの後半は、菊池さんが10年を迎える帰還困難地域で撮った写真を紹介しました。

 ギャラリー結の石井恵美子さんは福島出身で、ギャラリーの一角でバザーを開き、売り上げを毎年、福島に届けています。「いまだ苦しみのふちにいる、福島や被災地のことを多くの人に知ってほしい」とあいさつしました。

(東京民報2021年3月14日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  2. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  3. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…
  4.  日本共産党は11日、池袋駅で衆院選の東京の予定候補が勢ぞろいする街頭演説会を開きました。田村智子…
  5.  全国労働組合総連合(全労連)は4月に、アメリカ・シカゴで開かれた労働運動の交流会議「レイバーノー…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る