フラッシュ@Tokyo 2022年3月13日号WEB版 子どもの国保、まん延防止等重点措置、抗原検査キットなど

■共産党都議団 子ども国保で条例案

 日本共産党都議団は1日、開会中の都議会第1回定例会に子どもの国民健康保険料(税)均等割を無料化する条例案を提出します。国保料(税)の均等割は、都内自治体で2021年度、加入する家族が1人増えるごとに負担が1万3000円~5万5500円(基礎分と後期分の合計)増える仕組み。負担を軽くしてほしいという国民の声の広がりを受けて、国は4月から子ども均等割の負担軽減を始めますが、対象は未就学児だけで、補助も半額にとどまります。

 条例案は18歳になる年度末までの子どもにかかる国保料(税)を減免する区市町村に対して、均等割額の全額を都が補助し、子どもの均等割負担額をゼロにするもの。対象人数は20 万人、必要となる経費は65億円を見込んでいます。共産党都議団は、財源には法人2税の大幅な税収増を充てる考えです。

■都交通局 経営計画で意見募集

 東京都は「交通局経営計画2022」(案)へのパブリックコメント(意見)を募集しています。同計画は「今後の目指すべき姿や経営の方向性を明らかに」(交通局)するもの。交通局では、この計画(案)について、広く意見を募集し、寄せられた意見を踏まえ、3月末に計画を策定する方針です。意見募集はホームページから受け付け、3月16日に締め切ります。

 都営交通に対して日本共産党都議団は、痴漢対策や女性専用車両の拡大、駅のエレベーターの2ルート目の設置、日暮里舎人ライナーの無人走行や無人駅の解消、都バスの充実などを求めています。意見はホームページの専用フォームか郵送で。

▶▶詳細はこちら

■東京都 重点措置21日まで

 東京都は首都圏3県とともに、6日に期限を迎えた「まん延防止等重点措置」を21日まで延長します。飲食店への時短要請や協力金は継続します。

 31都道府県に適用されていた重点措置は6日が期限でしたが、政府はそのうち18都道府県について、21日まで延長することを決めました。一方、新潟、広島、福岡など13の県は6日の期限で解除しました。

■東京都 検査キット配布延長

 東京都は濃厚接触者を対象にした抗原検査キットの無料配布を、3月21日まで延長します。対象は都内在住者で、新型コロナ感染の濃厚接触者(感染者から濃厚接触者として連絡を受けた人を含む)。濃厚接触者となった時点で申し込みができます。1回の申し込みで1人1キット、実施期間中1人2回まで申込が可能。申込後、2~3日で配送(郵便受け等に投函)されます。申し込みは専用ホームページから。申込数が1日4万キットに達した時点で、当日の受付は終了します。

〈東京民報2022年3月13日号より〉

 

関連記事

最近の記事

  1.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  2.  日本共産党の曽根はじめ都議は5日の都議会一般質問で、防災を口実に、住宅街や商店街を分断する幹線道…
  3.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  4.  東京都が公立学校に配置するスクールカウンセラー(SC)約250人を3月で「雇い止め」にした問題で…
  5. 要求を全国から持ち寄った参加者=5月28日、千代田区  「(看護学校で学ぶ)若い学生のたんぱ…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る