フラッシュ@Tokyo 2023年5月21日号 平和大行進 広島目指しスタート、こどもモニター募集、不燃化建替で助成など

平和大行進 広島目指しスタート

 核兵器の廃絶を求めて今年で66回目となる2023年原水爆禁止国民平和大行進が6日、東京をスタート。各地を巡りながら、およそ3か月かけて広島を目指します。

 行進に先立ち、江東区の夢の島で出発集会を開催。原水爆禁止世界大会実行委員会運営委員会の高草木博共同代表は「『核兵器禁止条約に参加する日本を』『核兵器のない世界をいま実現せよ』のメッセージを世界に発信し続けよう」と呼びかけました。

東京都 こどもモニター募集

 東京都は「こども都庁モニター」を設置し、小・中・高校生と未就学児の保護者を対象にモニター1200人を募集します。都は「子ども目線での意見やニーズを把握し、政策をバージョンアップしていくため」とし、モニターを対象に、都政に関するWEBアンケートを実施します(任期内に4回程度)。

 募集人数は未就学児(0~2歳)の保護者、未就学児(3歳以上)の保護者、小学生低学年(1~3年生)、小学生高学年(4~6年生)、中学生、高校生年齢相当(15~18歳)の6区分、各200人。応募条件は都内在住で、自分で(または保護者の補助を受けて)日本語でWEB閲覧やメール利用ができることなど。18歳未満は保護者の同意が必要です。任期はモニターに決定した日から24年3月31日まで。モニターになると全員に感謝状と回答1回につき図書カードかアマゾンギフトカード500円分が送られます。

 募集期間は5月8日から5月31日までで、東京都のホームページ(申込専用ページ)で受け付けています。応募条件の詳細等は、申込専用ページで。

都 不燃化建替で助成

 東京都は木造住宅密集地域の不燃化を促進するため、自己資金だけでは住宅の建て替えが困難な人向けに、金融機関からの借入金に対する利子補給事業を実施します。受付期間は5月15日から来年2月29日まで。募集は30戸で、達したときは締め切るとしています。詳しくは都住宅政策室ホームページで。

清澄庭園 ハナショウブで催し

 清澄庭園で水辺に凛と咲くハナショウブや力強いアジサイの花を愛でる催しを開催します。5月27日~6月11日(午前9時~午後5時、最終入園4時30分)

東京民報2023年5月21日号より

関連記事

最近の記事

  1. 新作の「桜の四季」を実演  「平和と文化をはぐくむ空間に」との思いを込めて建築された「まつい…
  2.  小田急グループの神奈川中央交通(神奈中バス=神奈川県平塚市)が運行する路線バスで起きていた障害者…
  3. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  5.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る