「就業規則の根幹揺らぐ」 厚生荘病院裁判 原告の主張棄却〈2023年12月24日号〉

 2021年12月末に建て替えを理由に閉院を強いられた、一般財団法人愛生会(湖山泰成理事長)が運営する厚生荘病院(多摩市和田)の職員約30人が原告となり、一方的にカットされた定期昇給の未払い金額を運営側に請求している裁判で、東京地裁立川支部(前田英子裁判長)は6日、原告の訴えを棄却する判決を下しました。

報告集会で判決内容に耳を傾ける原告と支援者=6日、立川市

 同病院では毎年、給与表に基づき、定期昇給を実施していましたが、運営側の就業規則変更により、2020年度に定期昇給を減額。翌年度は、実施しませんでした。

 厚生荘病院は1939年の設立以来、地域医療を支え続けてきた介護療養型医療施設。愛生会が2018年に湖山医療福祉グループ(本部・中央区)の傘下になると、就業規則の変更が強行され、不正な経費支出やパワハラ・セクハラが問題となり、職員が大量に退職しました。

明らかに不当

 裁判で原告は、就業規則の変更は労働契約法10条(使用者による就業規則の変更に関する規定)に反すること、定期昇給の実施は労使慣行(労働者と使用者の間で長期間にわたり反復・継続して行われている事実上のルール)が成立していることなどを主張。2008年3月に被告との間で締結した、「賃金・労働条件の変更については、労使で事前に協議し、労使合意の上で協定し変更することとする」と定めた協定書に、違反していることも訴えました。

 閉廷後の報告集会で、大井淳平弁護士が判決内容を説明。裁判の争点、①給与表の就業規則性が認められるか②給与表に基づく定期昇給の実施が労使慣行となっていたか③(労使慣行が認められた場合)就業規則の不利益変更の有効性④不当労働行為(支配介入)の成否⑤未払い賃金、または損害の有無、および額-について、判決の矛盾点などを解説しました。

 大井弁護士は、「判断してもらいたい主張はまったくされず、肩透かしの判決」と発言。定期昇給は基本給に関わる部分であり、「(使用者が)勝手に変えてよいというのは、明らかに不当。労働基準法、労働契約法の趣旨に反している」と、判断の問題点を突きました。

 給与表について、被告が労基署(労働基準監督署)に届け出ていないことから、裁判所は就業規則と認めませんでした。大井弁護士は、「使用者側がサボっていたらルールではないということになる」と指摘。最後に、「判断から逃げた印象」と、判決を批判しました。

 原告で同病院労働組合の吉田千代執行委員長は、「就業規則が経営者の意向で変えられてしまうのなら、労働者はどのように働けばよいのか。何のためのルールなのか、根幹を揺るがすような判決だ」と、怒りを抑えながら語りました。

 原告は判決を不服とし、控訴する構えです。

東京民報2023年12月24日号より

関連記事

最近の記事

  1. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  3.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  4. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  5. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る