町田で緊急平和市民デモ 戦争反対、党派超え集う〈2022年4月3日号〉

 まちだ市民連合は3月21日、ロシアのウクライナに対する侵略に抗議する緊急平和市民デモを行い、党派を超えて戦争反対の声をあげました。

まちだ市民連合が主催したデモ=3月21日、町田市

 デモに先立ちわかば公園で集会。「黙っていてはだめだ」と藤井石根代表が主催者あいさつ。立憲民主党の伊藤俊輔衆院議員が「戦争を止めなければいけない。団結しよう」、日本共産党の池川友一都議が「都議会も市議会も声をあげている」と、政党を代表して連帯のあいさつ。市内の団体から「ロシアの侵略戦争はやめよ」(日本民主青年同盟町田地区委員会)、「ロシアの侵略に抗議の声をあげる」(町田革新懇)、「平和のために活動していく」(まちだ歌声の会)、「止めるには声をあげること。憲法9条の力を広げよう」(町田中央地域九条の会)など、相次いで決意が語られました。

 集会後、町田市民ホール前の公園までデモ行進。途中、青年が飛び入りで参加の場面もありました。参加者の多くは自作のプラカードを掲げ、「ロシアは国連憲章を守れ」「ロシアの侵略はゆるすな」「ウクライナに平和を」の声をあげました。立憲民主党の渡辺さとし市議、日本共産党の殿村健一、細野龍子、田中美穂の各市議も参加しました。

〈東京民報2022年4月3日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る