【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑲ 亀戸赤からし市

 

(江東区 亀戸天神など)

亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間行われる。夏にお祭り以外のイベントで町おこしをと始まり、今年で7回目。赤唐辛子は天神様の橋の色、厄除け邪気払いにご利益があるという。

 栽培、鑑賞した後、吊るして乾燥させれば、薬味に最高だ。熱中症にいいからと買っていく人もいた。

 炎天下、大勢の人が2時からの売り出しを待ち、売り出してしばらくして完売した。値段は1鉢1000円、ゆかたの人は800円。両手に4鉢を抱えたゆかた姿の女性もいた。7月18日五の橋五渡亭園、8月2日亀戸梅屋敷、9日香取神社、16日亀戸女性天神で開催。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年7月12日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.  憲法9条を守る運動のシンボルとして、府中市にも「9条の碑」をつくろう―。40年目を迎えた「けやき…
  2.  「年収200万円で家族を養えますか。値引きシールが貼られるまでお肉は買えません」―自治体で働く会…
  3.  ひきこもり支援を標榜する“引き出し屋”に暴力的対応を受けた原告男性(30代)が自身の医療保護入院…
  4. 情報公開の期間延長について、文書を示して質す池川都議=21日、都議会  各会計決算特別委員会…
  5. 公営企業決算特別委員会で質疑に立つ和泉都議=14日、都議会  公営企業会計の決算特別委員会(…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る