西東京バス 檜原村事故で乗客大けが 関係者「安全へ情報共有を」〈2023年9月3日号〉

 八王子市を拠点に東京西多摩地域や神奈川、山梨県などに路線バスや高速バスなどを運行する西東京バス(本社:八王子市、京王グループ)の路線バスが8月5日午後7時25分頃、檜原村で乗客が大けがを負う大事故を起こしていたことがわかりました。同社のホームページでは8月28日午前10時現在、事故の情報を公表していません。

バスになぎ倒された待ち合い小屋は撤去され基礎だけが残っている=8月26日、檜原村

 事故を起こしたバスは数馬発武蔵五日市駅行で現場の下和田バス停前は2車線道路で整備されています。現場はカーブから直線になる緩やかな下り勾配で視界を遮るものはなく、降雨はありませんでした。

 近隣住民によると夕食時にドカーンという大きな音で「事故か」と思い慌てて外に出ると、バス停の待合小屋をバスが土台からなぎ倒す形で正面が潰れ、ガードレールが車体にめり込んで停車していました。付近にブレーキ痕はなく時速50キロメートル出ていたとの情報もあり、バス停手前のガードレールの一部はバスに倒されて沢に転落。別の一部はバスの車体を貫通し、乗客1人の脇腹付近に突き刺さり大けがをしており、「骨が見えていた」と語る目撃者もいました。居合わせた看護師が意識のない運転士の脈をとり「手が冷たい」として、車内最後部の座席に寝かせたといいます。

 同社の他の運転士は「この路線はカーブの連続でとても神経を使います。停留所の間隔も距離が長く、信号もありません。そのため夏の暑い時期に、こまめな水分摂取はできません。制帽も脱げないので熱中症も心配です」と述べています。

 同社では通常、事故が発生すると情報を共有するために、営業所内掲示などで運転士に注意喚起がされます。この事故は一度、営業所によっては体調不良時の対応とともに掲示されましたが、その上に別の情報を重ねて貼り、事故の内容が見られなくされました(写真)。発生時刻や場所以外の事故の詳細は同社の運転士に現在も知らされていないといいます。

同社営業所で(関係者提供)

 全日本建設交運一般労働組合東京本部バス関連支部の佐々木仁執行委員長は、「公共交通で起きてはならない事故で、原因が何かを考え、すぐに対応せねばなりません。情報は再発防止や安全意識の啓もうのために、いち早く社内で共有すべきです。運転士の健康問題に起因するなら、個人の責任を追及するだけではなく、会社も然るべき対応を取る必要があります」と語ります。

 東京民報が同社に問い合わせたところ事故を認めました。乗員・乗客6人の内けが人が2人の事故で、原因は運転士の体調不良。担当者は「安全運行はみんなで考えるもの。本人だけの責任にするのではなく、会社として対応する」と答えています。

東京民報2023年9月3日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る