若い人たちの夢 応援します 東京土建 けんせつのしごとフェスタ〈2023年9月3日号〉

 建設業離れが進む若い人たちに、ものづくりの魅力を知ってもらいたいと、建設業従事者らでつくる労働組合、東京土建は8月27日、「けんせつのしごとフェスタ2023」を、けんせつプラザ(新宿区)で開き、高校生や東京建築カレッジへの入学を控える若者を含め、約50人が参加しました。

職人が仕事に使う道具を持って話すコーナーも=8月27日、新宿区

 渡辺義久実行委員長(東京土建副委員長)があいさつし、「建設は真の暮らしを支えるのに欠かせない仕事です。仕事、夢、ロマンを語ってもらい、若い人たちの新規入職のきっかけにしてもらいたい」と語りました。

 人気ユーチューバーの大工のエリザベスさんが、大工になったきっかけや独立後、SNSを活用して顧客の新規開拓や仲間とのネットワークを全国に広げ、仕事に生かしていることを紹介。「今後、株式にしてSNSで仲間を集めて、いろいろな職種が集まった会社にしたい」と将来の夢を披露しました。

 「私のけんせつ人生」と題して、職種が違う5人が、仕事に使う道具を持って登場。職人が大事に使う特殊な道具や潜水具など、仕事の現場で使われる多彩な道具と話に、参加者は熱い視線を向けて聞き入りました。

 建築カレッジの講師も務める建築大工の片岡茂樹さんは、ノミとゲンノウを持って登場しました。

 片岡さんは人との出会いや自らの努力によって、挫折を乗り越えて全国青年技能競技大会(全建総連主催)で金賞をとるまでに成長した自らの人生を振り返りました。大工仕事について「努力すれば先の先までよめるようになる。技術がうまくなった時の喜びはひとしおだ」と語りました。その上で「希望通りになるとは限らない。自分がどうなりたいのかを考え、そのための行動をしてもらいたい」と若い人たちにアドバイスしました。

 特殊なカンナを持参した宮大工の坂口誠さんは、「宮大工は楽でかっこいいものではない。途中であきらめる人も半数いる」と厳しい現実を述べる一方、「大工として若い人たちを鍛えていきたい。夢に向かって頑張ってほしい」とエールを送りました。

 中小建設業の経営者も登壇。会社の概要や社員みんなが主役になれる経営方針や社風などについて語りました。

東京民報2023年9月3日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る