困窮者支援 住宅を最優先で 福手都議が実態示し提起〈2024年3月31日号〉

 都の2024年度予算案を小池百合子知事の出席のもとで審議する予算特別委員会の2日目、13日は日本共産党からこの日2人目となる福手ゆう子都議が、14日は藤田りょうこ都議が質疑に立ちました。

質問する福手都議=13日、都議会

「住まいは生活の基盤。誰もが安心できる住まいを確保することが必要。住まいの確保を優先した『ハウジングファースト』の支援を行うべきだ」

 福手都議は格差と貧困が拡大する中、家賃が高い東京では経済的な困窮がすぐにホームレス化につながる実態を示し、住宅提供を最優先とする「ハウジングファースト」で、住まいの安定を図る支援を強めるよう小池知事に迫りました。

 知事は「住宅は生活の基盤で、都民の居住の安定を確保することが重要だ」と答えました。

 福手都議が「ハウジングファースト」を強調するのは、都内でのホームレスの人が生活保護を利用すると、多くの場合「無料低額宿泊所」に入れてしまうからです。これだと「無料低額宿泊所」に入れられた人が、劣悪な宿泊環境に耐えられずに路上生活に戻るケースが少なくないのです。

 一方、欧米ではこうした状況を受けて「ハウジングファースト」の取り組みが広がり、有効性が実証されています。日本の支援団体が行っている取り組みの中にも、路上と施設を20数回行き来した人がアパートを確保したことで、次のステップに進むことができた事例が生まれています。

 福手都議は、こうした成果を紹介した上で、兵庫県尼崎市が市営住宅の募集を停止している空き住戸を、支援団体が住宅支援に活用できるよう目的外使用を許可している施策をあげ、都としても同様の対応ができないか提起。あわせて都営住宅の新規建設、家賃補助の創設に踏み出すよう求めました。

貧困状態にある仮放免者支援を

 福手都議は、入国管理制度で施設に収容され「仮放免」された外国人が、深刻な貧困状態に置かれている問題について取り上げました。

 日本では難民申請が通らなかったなどで在留資格のない外国人は、原則として全員が裁判もなしに無期限で劣悪環境の収容施設に収容されます。一方、健康上の理由などで、いったん収容が解かれることがあります。「仮放免者」と言い、出身地で迫害を受けたり、政治的弾圧を受けるなど本来、難民認定されるべき人など、自国に帰ることのできない事情を抱えた人が含まれています。

 支援団体「北関東医療相談会」のアンケートによれば、働くことが禁止されているために無収入、年収ゼロが70%、医療機関を受診できないことがあるという人が84%にのぼるなど、「仮放免者」の経済的な困窮が明らかになっています。

 認識を問われた佐藤智秀福祉局長は「仮放免制度の運用は、国が行うもの」と答弁。福手都議は人権が守られない状況にあるのに、都は何もしようとしていないと批判。人権を守るために都営住宅の提供や、無料低額診療を実施する医療機関を増やすために、都独自の財政支援を行うなどの具体的対策を求めました。

朝鮮学校補助金 早急に支給再開を

 福手都議は「都こども基本条例」第8条で、全ての子どもが学ぶ権利が尊重されるとあるのに、都内に10校ある朝鮮学校だけが「私立外国人学校教育運営費補助」が停止されている問題について、「条例に照らし合わせれば許されない」として、再開を強く求めました。

 この問題は石原慎太郎知事時代の2010年末に、拉致問題を理由に「都民の理解が得られない」として支給停止を決定。以来、24年間凍結され、学校経営が厳しくなった同学校では、保護者負担が重くなり、入学できない子どももいます。

 こども基本条例が成立後、支援者が始めた「ぼくたちをなかまはずれにしないで」との署名に、1万8000人余の賛同が寄せられ、この中には朝鮮学校の児童・生徒も含まれています。

 福手都議は「都は、この子どもたちの声を都政に反映させるべきだ」と迫りました。

 田中慎一子供政策連携室長は、こども基本条例に規定されている「子供」について、「全ての子供」だとする一方、施策の実施に当たっては、「施策の性質を踏まえて判断されるべきもの」として、外国籍の子が含まれるかどうかについて答弁を避けました。

東京民報2024年3月31日号より

関連記事

最近の記事

  1.  噴霧乾燥機メーカー大川原化工機(横浜市)をめぐるえん罪事件で、国と都に1億6200万円の損害賠償…
  2.  練馬区の西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進む再開発事業をめぐり、再開発組合に土地建物の明け渡し…
  3.  東京外かく環状道路工事に伴う調布市東つつじヶ丘周辺の相次ぐ地表陥没事故付近の地盤改良工事をめぐり…
  4.  東京都が非正規公務員として都内の公立学校に配置されるスクールカウンセラー(SC)250人を3月末…
  5.  京都は都内在住の0歳から18歳の子どもに月額5000円を支給する「018サポート」の20…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る