小池都政「反自民」が自民政治に 都議会論戦で2期8年検証〈2024年6月23日号〉

 小池百合子知事の2期目最後となる都議会定例会が12日、閉会しました。小池知事は閉会あいさつの中で、都知事選3選出馬を表明。都知事選では小池都政2期8年が問われます。議会論戦から小池都政を検証しました。

希望かなう都政に転換を

代表質問する米倉都議=4日、都議会

 日本共産党の米倉春奈都議は代表質問(4日)で、都知事選の争点について▽暮らし・福祉優先の都政への転換▽財界ファーストの大型開発から、都民の声を大事にするまちづくりへの転換▽子どもの人権を尊重する教育への転換▽ジェンダー平等への姿勢▽都民の命、健康、安全、平和を守り抜く都政への転換―をあげ、小池知事をただしました。

 米倉都議はその冒頭、「都民に冷たく、財界ファーストの小池都政の行き詰まりは明らかだ。8年前に期待を集めた『反自民』の姿勢は見る影もない」と強調しました。

 もともと自民党の衆院議員だった小池氏ですが、8年前の都知事選では自民党都連を「ブラックボックス」などと厳しく批判。対決姿勢を打ち出し、都民の大きな期待を集めて知事に就任しました。JX通信社の前回都知事選(2020年)の直前調査では7割近い支持がありました。

 それが今では支持率こそ不支持率と同じ33%で拮抗するものの、「小池都政が続くのが望ましい」と答えた人24%に対し、「交代した方がよい」が42%と大きく上回ったのです。(同社5月18・19両日実施調査)

光は都庁でなく暮らし・福祉に

 米倉都議は代表質問で、都民の暮らしに無関心な小池都政の姿勢の表れの一つとして、「光をあてるところが違う」と批判を招く都庁舎などに映像を映すプロジェクションマッピングを例示。2年間で48億円もの税金を使う一方、都庁の足もとで毎週行われているボランティアによる食料支援には800人もの人が並んでいるのに、一度も視察に訪れていないことを明らかにしました。

 原純子都議は討論(12日)で「都民の暮らしの実態を見ようとしない、知事の冷たい姿勢が表れている」と批判しました。

外苑再開発問題だんまりで逃げ

 「神宮外苑再開発は都知事選挙の大きな争点です。知事、あくまで進めるつもりですか。逃げずにお答えください」。米倉都議はこう迫りましたが、小池知事はこれまでと同様、答弁には立ちませんでした。

 外苑のシンボル、イチョウ並木を危機にさらし、大量の樹木を伐採する同計画を巡っては、多くの都民や専門家から見直しを求める声が上がり、国際機関からも勧告などが相次いでいます。

 専門家から事業者提出の報告書への疑義や批判が高まる中、都は新たな樹木保全計画を事業者に提出するよう要請せざるを得なくなり、伐採は一時停止しています。都民は開発の行方を注視していますが、小池知事は争点になるのを恐れるかのようにだんまりを決め込んでいます。

知事は環境熱心 虚像が明らかに

 小池知事は、所信表明で「経済性と効率性を優先するまちづくりは過去のものとなり、東京は緑豊かな都市としてさらなる進化を続けている」と胸を張りました。

 ところが実際にやっていることは神宮外苑や臨海水族園(江戸川区)、日比谷公園(千代田区)、明治公園(新宿区)など、都立公園や都市計画公園の大量伐採、再開発です。

 米倉都議は、そのことを指摘した上で、樹木の環境に与える効果や気候危機、ヒートアイランドを緩和する効果への認識を問いましたが、小池知事は答弁しませんでした。

 さらに、4月のG7(先進7カ国首脳会議)で初めて石炭火力の廃止が盛り込まれた共同声明への受け止めをただしたに対し、小池知事は「電源構成等のエネルギー政策のあり方は国レベルで議論、検討がなされるべき」と答えただけでした。

 原都議は討論で「知事は環境に熱心というのは虚像であることがはっきりした」「小池都政のもとで2030年カーボンハーフなど実現不可能だ」と厳しく指摘しました。

倍増の不登校数 対策は国まかせ

 都内公立小中学校の不登校児童生徒数は、小池知事が就任した2016年度約1万1000人から、22年度には過去最多の約2万7000人と2倍以上に激増しています。

 米倉都議は教職員組合、保護者、子どもたちが求めてきた正規職員の増員、教員の授業時間の削減、少人数学級の拡充、学力テストの押しつけ中止などが必要なのに、「知事は耳を貸さず、必要な予算をつけてこなかった」と批判しました。

 特に要望の強い少人数学級について、小池知事は「国の責任で行われるべきもの」と従来答弁を繰り返し、国任せの姿勢を改めて示しました。

 米倉都議は質問の最後に「新しい都知事を誕生させて、都民の希望がかなう都政をつくるために全力を尽くす」と表明しました。

東京民報2024年6月23日号より

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る