虐殺絵は現代に訴える 新井勝紘前館長が講演〈2023年8月13日・8月20日合併号〉

 今回の企画展で初公開された歴史絵巻に描かれた当時の様子やメッセージを読み解き、未来の共生社会を考えるイベント「関東大震災から100年の今を問う」が7月31日開催されました。

 前高麗博物館館長の新井勝絋さんが、これまで出会ってきた「虐殺絵」について講演しました。

虐殺を描いた絵を示しながら講演する新井氏=7月31 日、新宿区

 虐殺を描いた絵は、政府が事件の隠蔽いんぺいをはかったことから、世に出ているものが少ないことに加え、存在すらも明らかになっていません。新井さんが虐殺絵に出会ったのも過去に4回だけです。

子どもたちが描く

 初めて出会ったのは、本所区(現在の墨田区)の本横小学校の児童が描いたもの。東京都復興記念館に所蔵されています。

 当時4年生の児童が描いた絵には、自警団らしき人々が道行く人に尋問をする様子が描かれています。自警団は朝鮮人を見分けるために、朝鮮語で発音しづらい「15円50銭」と言わせる、歴代天皇の名を唱えさせるなどしました。同じく4年生の児童は、千葉県の中山(市川市)で、複数の軍人が一人の朝鮮人に武器を持って襲い掛かる様子を描きました。新井氏は「おそらくこの先の運命も目にしたのではないか」と推測します。

 子どもたちが見聞きした事件の様子は作文などにも残され、虐殺が場所を選ばず日常の中で行われたことがわかります。

歴史に埋められ

 二つ目は1995年に国立歴史民俗博物館が購入した水彩画。顔から血が噴き出る人に、なお男たちが殴り掛かる、その周辺にはすでに息を引き取った後ろ手に縛られた4人の遺体、新たに連行されてきた人など、さらに川べりでの虐殺に参加せんばかりに取り巻く群衆…。軍人、警察、自警団、民衆が一体となって白昼に虐殺が行われたことを示す強烈な絵です。

 表題・作者・日付など一切の情報がなかったものの、挿絵画家の河目かわめ悌てい二じの作品であることを突き止めました。震災を東京で経験した河目は、この記憶を記録することを決意したのでしょう。しかし、「没後この絵を公開しないように」と言い残して1958年に亡くなりました。

 1996年に発見された萱原白洞の3巻の絵巻物「東都大震災眼録」にも、警察と自警団が一緒に事件を引き起こした様子が描かれています。

 事件を隠ぺいした、軍国主義の時代が両氏の絵を埋もれさせていたと新井氏は語りました。

偶然の発見

 高麗博物館にも展示されているのが、新井氏が2年前にネットオークションで偶然落札した、淇谷きこくの「関東大震災絵巻」です。淇谷は雅号で福島県の小学校教師を務めた大原彌市やいちのことで、絵巻物を書いた1926年は64歳でした。

 絵巻は地震発生直前の穏やかな東京の街の描写から始まり、震災の被害を伝え、やがて虐殺の現場、犠牲者がモノのように積み重ねられた様子を描きます。巻末には、この経験をしなかった人々に「省慮の念を促し」たいと記されています。震災を経験しなかった大原が見聞きしたことをもとに、描くのもつらい虐殺を残した理由です。

高麗博物館の館内
差別克服するには

 新井さんは、「虐殺を引き起こした官民の差別意識を克服できているか。まだ歴史にすらなっていないのでは」と問いかけました。

 「朝鮮人大虐殺はなかったなんてとんでもない」と言うかのように、虐殺の証拠を示す絵が見つかっています。新井さんは、「一枚一枚の絵の訴える力をどう使うべきか」と否定論に立ち向かっていこうと訴えました。  

 河目悌二、淇谷の虐殺絵は、高麗博物館で展示されています。

高麗博物館
開館時間/12:00 ~ 17:00
休館日/月曜日・火曜日、年末・年始
入館料/一般 400 円、中・高生 200 円
 東京都新宿区大久保1-12-1 第二韓国広場ビル7階
公式ホームページはこちら

関東大震災
1923年9月1日午前11時58分に発生した最大震度7、マグニチュード7.9の大地震。東京・横浜を中心に死者・行方不明者は推定10万5000人(うち9万2000人が直後に発生した火災で死亡)、被災した住居は総計37万棟と、明治以降の日本の地震被害としては最大規模。

東京民報2023年8月13日・8月20日合併号より

関連記事

最近の記事

  1.  任期満了に伴う都知事選が7日投開票され、市民と野党の共闘で推された前参院議員の蓮舫候補(56)=…
  2.  7日投開票の都知事選で3選を決めた現職の小池百合子氏は291万8015票(得票率42.8%)を獲…
  3.  羽田空港で今年1月に起きたJAL機と海上保安機の衝突炎上事故では、客室乗務員が乗客を機内に取り残…
  4. 都議補選報告に激励次々  9選挙区(いずれも欠員1)で行われた都議補選も7日、投開票されまし…
  5.  日本共産党都委員会の常任委員会は8日、都知事選・都議補選(7日投開票)について声明を出しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る