フラッシュ@Tokyo 2023年9月3日号 小池知事 汚染水放出を容認、消費者連盟 約束踏みにじる暴挙、018サポート 9月から申請開始、私立中学生 都が授業料を補助

小池知事 汚染水放出を容認

 小池百合子知事は8月25日の定例記者会見で、東京電力の福島第一原発事故で発生した汚染水の海洋放出について、「政府として考えたこと」と容認しました。

 小池知事は放出にあたり「国も科学的にしっかりと世界にも発信していく努力をしていただきたい」とのべただけでした。東電の発行済み株式の上位5位の大株主である都の責任には触れませんでした。

 政府・東電が「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」との約束を破って強行した海洋放出には、全国漁港協同組合連合会の坂本雅信会長が「漁業者・国民の理解を得られないような放出には反対」と表明。国内外からも批判の声が上がっています。

 汚染水を巡っては、アルプス(多核種除去設備)で62種類の放射性物質を安全基準未満に除去できるとされますが、放射性物質のトリチウム(3重水素)は除去できません。政府・東電は安全基準値以下に海水で薄めて放出しているので“環境や人体への影響は考えられない”としています。汚染水は40年以上とも言われる廃炉まで出続けるとされ、海洋放出がいつまで続くかは分かっていません。

消費者連盟 約束踏みにじる暴挙

 日本消費者連盟は8月25日、東京電力が行った福島第1原発事故で発生した汚染水の海洋放出に対し、抗議声明を発表。「漁業者団体との間に取り交わした書面による約束を踏みにじり、地元福島県はじめ各地・各層の反対・懸念の表明を全く顧みないこのような暴挙に対して、強い怒りをもって抗議」するとしています。

 声明では海洋放出に対する様々な代替案が出されていたのに「何ら考慮することなく強行された」と強調。タンクに貯蔵された汚染水の7割は、基準値を超えたセシウム、ストロンチウム、ヨウ素などの放射性物質が残っていることや、トリチウムによる人体への影響を指摘しています。

 その上で、岸田文雄政権が原発推進政策に転換したことを批判し、「私たちの求める社会とは相容れないもの」だとして、政府・東電に放出中止を求めるとともに、脱原発社会の早期実現に向けて消費者とともに進んでいくと表明しています。

018サポート 9月から申請開始

 都内在住の0歳~18歳までの子どもに月額5000円を支給する東京都の子育て支援「018サポート」の申請が9月1日から始まります。所得制限はありません。

 対象となるのは、2005年4月2日から2024年3月1日までに生まれた都内在住者(今年度中に出生した人は、都内に転入・転出した人も対象)。都内に在住している(していた)月数に応じて支給します。

 詳細は都のホームページから。申請もできます。

私立中学生 都が授業料を補助

 東京都は今年度から新たに私立中学校に在籍する都内在住の生徒の保護者に授業料負担を軽減する補助を実施します。申請期間内に申し込み手続きが必要です。助成は最大10万円で、保護者が負担した額が上限です。

 対象となるのは、私立中学校、私立特別支援学校(中等部)、私立義務教育学校(後期課程)、私立中等教育学校(前期課程)に子どもが在籍する都内在住の保護者(都外の学校も対象)。所得制限があり、今年度の住民税課税標準額等が一定額以下(世帯年収目安約910万円未満)である必要があります。詳しくは都私学財団のホームページ。

 東京民報2023年9月3日号より

関連記事

最近の記事

  1.  任期満了に伴う都知事選が7日投開票され、市民と野党の共闘で推された前参院議員の蓮舫候補(56)=…
  2.  7日投開票の都知事選で3選を決めた現職の小池百合子氏は291万8015票(得票率42.8%)を獲…
  3.  羽田空港で今年1月に起きたJAL機と海上保安機の衝突炎上事故では、客室乗務員が乗客を機内に取り残…
  4. 都議補選報告に激励次々  9選挙区(いずれも欠員1)で行われた都議補選も7日、投開票されまし…
  5.  日本共産党都委員会の常任委員会は8日、都知事選・都議補選(7日投開票)について声明を出しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る